FC2ブログ

樹梟堂日記

自営業者の日記です。最近のはまりごとは「ハンタ」と「FGO」です。

空はなぜ青いのか

 虹を見れば分かるように、光には複数の色があります。
 目に見える光を可視光と呼び、その可視光の波長により色が違って見えるのです。
 一番波長が短いのが紫で、一番長いのが赤となります。
 青は紫の次に波長が短く、地球の大気では一番散乱しやすくなっており、それゆえに地上にいる人間の目に一番入りやすいのです。

 そして夕日がなぜ赤いのかと言うと、太陽光は日中よりも長く大気を通るため、一番散乱しやすい青の波長の光は飛び散ってしまいます。
 代わって一番波長が長い、赤く見える光が最後まで残り、我々の目に飛び込んでくるのです。

 さて、地球は外側から見て青い惑星とよく言われますが、空が青いことと関係あるのでしょうか。
 基本的には海が青く見えるためで、海が青いのはその色だけが深いところまで届くからです。
 空が青いことと地球が青いことの関係、それは多少地球を青みがかって見せる程度にしか関係していません。

PageTop

地球の最後について

 地球の最後は膨張した太陽に飲み込まれて終わるとよく言われています。
PageTop

なぜ火星移住をするのか

 昨今話題になっている火星への移住計画ですが、なぜ行われているのでしょうか、なぜ火星なのでしょうか。
PageTop

星はどうやってできるのか

 宇宙を漂うガス、主に水素とヘリウムが集まってできます。
 そのガスはビッグバンにより生まれました。
 太陽や地球もそうで、集まったガスが回転しながら星になっていきます。
 その中心が太陽で一番重力が強いため一番大きな星になりました。
 地球はその周りで生まれたたくさんの微惑星と呼ばれる小さな星が互いにぶつかり合ってできます。
 月はその時の衝突の中のひとつにより地球から飛び散った破片が集まってできたと言われています。

PageTop

雷について

 雷とは天気が悪い日、ピカッと光った数秒後、ゴロゴロゴロ~と大音量が鳴る現象です。
PageTop