FC2ブログ

樹梟堂日記

自営業者の日記です。最近のはまりごとは「五等分の花嫁」と「FGO」です。

[雑誌]TO運命の輪in電撃ゲームスVol12/感想

◆タクティクスオウガ運命の輪」の皆川裕史ディレクターのインタビュー目的に購入。

 私がピクリときた情報はこちら。

・「FFT獅子戦争」が発売されたすぐ後、’07年ごろに「タクティクスオウガ」を作らないかという話が出る。どうせならオリジナルメンバーをと皆川Dから松野氏に声をかける。
・リメイクでなく再構築にしたのはファンの美化された思い出を形にするため。
・トレーニングはなし。単なる作業になるから。違う形で育成をサポートするための要素があり。
・「運命の輪CHARIOT」は間違ったときに気軽に戻せるように、ということが原点、それからバトルシミュレータ的な要素も盛り込むことに。戦略を試すためのものなので、確率が絡む運の要素は同じ行動なら何度試しても変わることはないとのこと。
・「運命の輪WORLD」はバトル中の手戻りができるならシナリオのも、と松野氏が発案。シナリオやり直すためだけではなく、自分の軍団の育成を長期に鍛えていくという楽しみの追求のため。

 楽しかった思い出は美化されるもの。今見るとあれ、しょぼい・・・ということは結構ありますよね。そこを理解して作り直すというところが頼もしい。
 トレーニングはなしで代わりのシステムがあることはありがたい。イベント戦闘が終わるごとにトレーニングでレベル上げるのはかなり面倒臭かったです。さて代わりにどんなのがあるのやら。「オウガバトル64」みたいに金払って戦闘すると予想。
 私はあまり戦略にこだわる趣味はないので「CHARIOT」の世話にはできるだけならずに進みたい。仲間が死ぬのは嫌なのでそういう時に世話になるでしょう。でも、それも嫌なので気をつけてプレイしようっと。

 行間からスタッフがわいわい言いながら作っていることが伝わってくるのが微笑ましく、ますます楽しみになりました。

◆この雑誌、ファミ通より高いだけあってインタビューが豊富ですね。とても読み切れないわ。

◆DSソフト「ソラトロボ」
浮遊する島々、犬人間が主人公でオープンカーならぬオープンロボに乗ることから、昔プレイした「テイルコンチェルト」をイメージするのですが関係あるのでしょうか。
 「ソラトロボ テイルコンチェルト」で検索すると出ますね~。何と「テイル~」の主人公ワッフルらが登場するとか。続編ということでいいのかしら。
 10月28日発売とのこと。う~む気になる。

◆iPhoneなどのiシリーズやケータイのゲームの紹介があるとは
 時代も変わったものですね~。ケータイもゲーム機を担うものとしていつの間にか認められていたのですね。でも私はケータイゲームは嫌です。生活必需品であるケータイをゲームによって買い換えたり買い足しなんて一般人にはやりにくいですよね、通信費などの諸経費の問題で。
 やりたいゲームを見つけてもすぐにゲーム機とともに購入ということが非常にやりづらいので好きではないです。こういう傾向嫌だなー。パソコンなどでどの機種でも同じようにダウンロードできるようになればいいのに。これからの世の動きに期待。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する