樹梟堂日記

自営業者の日記です。最近はまっているのはマンガ「トーキョーグール:re」「亜人」「ジョジョリオン」「ハンターハンター」、スマホゲーム「Fate/Grand Order」「ポケモンGO」「クラッシュロワイヤル」です。

「砂糖の世界史」(川北稔著)感想

砂糖の世界史 (岩波ジュニア新書)
砂糖の世界史 (岩波ジュニア新書)
 イスラム世界から西洋世界へ伝わった砂糖が、世界を一つにして行く近現代史とその詳しい事情や生まれた文化を解説する本です。世界システム論と歴史人類学を使ったとあとがきにありました。
 語り口が優しいのでとても読みやすく好感が持てます。

 作るのに大量に労力を必要とすることがこんにちにまで続く奴隷問題や貧困を起こす要因になるとは、砂糖とは罪作りな奴ですな。
 しかし、東の茶と西の砂糖がイギリスで合わさる、というのは少しロマンチックに感じます。

 昔はは栄養不足からの病気が多く、カロリー豊富な砂糖がこの時代、本当に薬になっていたというのが面白い。現代先進国ではそんなこと言う奴はインチキ呼ばわりされるでしょう。安価で手に入れられる砂糖が昔は貴重品だったというのは理屈では理解できますが、感覚的には大変不思議なことに感じます。
 しかし、現代でも栄養不足の場所はいくらでもあるはず。昔砂糖は薬としても機能していたのなら、現代でも援助物資として砂糖は良いのでは、と思って軽くググッたら砂糖の援助物資は普通にやっているようですね。保存が利くのが良いみたい。
 私が考え付くことは他の人がとっくの昔に考え付いていることですね(笑)。

 労働者の安い朝食のための奴隷解放というのもまた、時代の変化による権力者の移り変わりを示していて面白いです。
 産業革命で力をつけた工場主が労働者を安く使うため、労働者が朝食によく飲んでいた紅茶に入れる砂糖の値段を下げることにしました。当時イギリスの砂糖はフランスのものよりずっと高値だったのですが、砂糖プランターは特権で守られています。その力を削ぐために、まず奴隷解放、というわけです。
 もちろん、正義感から奴隷解放を訴えた方もいるのでしょうが、こういう人の欲望が結果的に善行につながったという話の方が好きですね。人の欲望はこの先もずっと尽きぬもの。欲望の追求が良い世の中を作るのに役立つのならこんなに良いことはないでしょう。
 こういうことがこの先たくさん起きないかな。もちろん欲望の追求が人を破滅に導くこともあるでしょう。それを減らして、良い世の中作りを多くする仕組みが欲しいと思います。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する