FC2ブログ

樹梟堂日記

自営業者の日記です。最近のはまりごとは「ハンタ」と「FGO」です。

「ゼロの使い魔 16 ド・オルニエールの安穏」(ヤマグチノボル著)感想

ゼロの使い魔 16 (16) (MF文庫 J や 1-19)
ゼロの使い魔 16 (16) (MF文庫 J や 1-19)
前巻でガリアとの戦いは終わり、ガリアの虚無は潰えることで虚無が4つ揃うことはなくなり、聖戦は終わり、と安心したサイトたちはつかの間の日常へ。
よって、サイトを中心に盛大にラブコメっています。久々に登場のシェスタ頑張っているよ!

数々の武勲ですっかり英雄のサイト(さすが主人公!)。領地も賜り先行き明るい!
すっかりトリステインでも有名で、平民は彼を称え、サイトを主役とした劇まで上演してしまう(笑)。
そんな様子にルイズはふと、“自分はサイトにふさわしいのだろうか”と考えてしまうのだった。
近づいたと思ったら離れたり、離れたと思ったら近づくのがラブコメの基本。今巻は離れるターンに入りました。さっさと仲直りしろよ、面倒くせぇ(笑)。

サイトとルイズは離れるのですが、今巻ではもっと衝撃的な別れが。
長らく活躍してきたキャラだけに惜しまれる。軽い口調での自己犠牲には胸を熱くさせられる(泣)。
復活・・・するよね?
無事復活するのを祈ってます。

女王となったタバサ
も新たなる戦いへの備えを。さすが、歴戦の勇士、虚無がひとつ欠けたからとロマリアに油断することはありません。どう立ち向かうのか楽しみな所。そして・・・
イザベラデレた!
外伝で高圧的だった彼女も、権力の源の親父がいなくては逃げるしかないか。その高圧さも劣等感や罪悪感の裏返しだったのかしらねー。私、高圧的にふるまっていた娘がしおらしくなるの結構好きです(笑)。
その内きっとタバサとイザベラのタッグマッチが見れるでしょう。楽しみ~
しかし、汚い仕事をする奴らのまとめ役を自分の娘に任せるとはジョセフも相当だな、今更の話ですが(汗)。

久しぶりに登場のエレオノール姉さま
ルイズとサイトの別れのきっかけ(のひとつ)を作ると共に、これからのトリステインで起こるであろう災いの予兆を感じさせます。
今回のことはロマリアの手がトリスタニアのアカデミーまで及び、聖戦の準備を始めたということでしょうか?魔法は神の御技、と言うのなら、魔法を扱う組織の元締めは教皇の居るロマリアとなるのは不思議じゃありませんよね。
現実の世界でも、現実のロマリアに当たる(軍隊ないけど)カトリックの総本山ヴァチカンの諜報の力はかなり凄いらしいです(参考書籍:インテリジェンス 武器なき戦争 (幻冬舎新書))。

「どうして僕たちメイジが、六千年もの間君臨できたのか・・・」
エルフは敵だ!と声高に叫びながら裏でエルフと通じ合っていた、ということかしら。
それとも、裏の世界では人間のはぐれ者と、エルフのはぐれ者が仲良くやってたり?

「まだきみのものになると決まったわけではない」
新たな虚無が生まれる予感。
15巻でエルフのビダーシャル卿が、ジョセフが自分を殺すかとおどけた時に

「・・・新たな悪魔が復活するだけだ」P121

と言っていましたしね。
もちろん悪魔=虚無です。

ジュリオはガリアの血筋の魔法を使えない人間を回っているのかな。
今回出たジョゼットさんは魔法を使えないから捨てられたのかも。

今巻のベストイラスト
201ページのアンリエッタ姫様の誘惑する表情のイラストが良い!!
なんとも妖しい表情じゃないの。
ゼロの使い魔 双月の騎士 シエスタ (1/8スケールPVC塗装済み完成品)
ゼロの使い魔 双月の騎士 シエスタ (1/8スケールPVC塗装済み完成品)

ゼロの使い魔14 感想 /ゼロの使い魔15 感想 /タバサの冒険3 感想

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する