FC2ブログ

樹梟堂日記

自営業者の日記です。最近のはまりごとは「ハンタ」と「FGO」です。

ハンターハンター №382 覚醒 ネタバレ感想

 週刊少年ジャンプ2018年44号収録分のハンターハンター「№382 覚醒」感想です。
 連載再開2回目!

 王の下へ!!


◆◆◆

◆ハルケンブルグが行く!

 国王に継承戦中止を求める手紙を届けに行く第9王子ハルケンブルグ。
 もう国王軍にもお馴染みの行事だ。
 ハルケンブルグは疲れているのか顔が年老いてなで肩になっている。
 最初登場した時はかなりがっしりした体形に見えたのだが(笑)

 ハルケンブルグは銃を突きつけ国王軍を脅す。
 毎朝行っていた嘆願は国王軍を油断させるため!
 今度は直接国王ホイコーロの元へ嘆願に行く。
 ホイコーロの居室は多くの絵画と調度品に囲まれた豪華なものだ。

 ハルケンブルグの要求をホイコーロは拒絶する。
 もうすでに継承戦は国王の手を離れたのだ、王子たちがどうにかするしかない。
 ハルケンブルグは革命で国王になることにし、王に向けた銃の引き金を引く。
 しかし銃弾はホイコーロの手前で止まる。
 ホイコーロは儀式の一部のため役割を果たすまで死ぬことはないらしい。

 儀式の壺を持って行った人、ヌグイによると王子の反乱は極秘演習として航行予定表に組み込まれておりハルケンブルグと彼の私設兵にはおとがめなしとのこと。
 全て想定内だったと分かったハルケンブルグは今度は自分の頭に引き金を引く。
 しかし、やはりと言うか霊獣が銃弾をつまんで彼を守るのだった。

 ホイコーロはトロッコ問題を例に出す。
 ハルケンブルグは兄弟王子と国民の2択かと問うとホイコーロは笑って否定する。
 残すべきは国、国民の命、問題は誰がレバーを引くかと。
 王などいらぬと王になってから言えホ・・・!
 その言葉を聞きながらハルケンブルグは去るのであった。

 うーむ、ホイコーロは国民などどうとも思っていないかと思っていたが国王として大事に考えていたようで意外。
 しかし語尾のホ、ホイは雰囲気を壊しますね(笑)


◆ハルケンブルグの能力発動!

 1009号室で寝ていた第1王子ベンジャミンの私設兵シカクが目を覚ます。
 ハルケンブルグが嘆願書を持って行ったのに自分が休息していたのはおかしい。
 どうも彼は守護霊獣に操作されていたようだ。

 ハルケンブルグが革命に失敗したのをベンジャミンから聞くシカク。
 ベンジャミン曰くハルケンブルグは国王殺しに失敗したので腹をくくり全力で継承戦に臨むだろう。
 シカクに奴の能力を入手するよう命じる。

 そこに私設兵を率いたハルケンブルグが現れ構える。
 彼の能力は臣下のオーラを束ね鎧と矢にする能力。
 シカクは彼の能力「遊戯王(カルドセプト)」でハルケンブルグの放つ矢をカード化しようとするが貫かれてしまう。
 矢を放つと臣下が1人倒れるが、撃たれた相手の体を臣下が乗っ取ってしまうのだった。

 ハルケンブルグは念能力の存在を知らなかったのだからこれは守護霊獣の能力のはず。
 あるいは国王暗殺失敗の後に自分で能力を考えたのかもしれない。
 あるいはクラピカクラスの受講生の部下に教えてもらった?
 なんにしてもこれで王子を撃ったら非常に有利になるだろう。
 クラピカが撃たれたらもう終わりだ。

 そう言えばハルケンブルグは第4王子ツェレードニヒが国王に相応しいと言っていたっけ。
 ツェレードニヒに上手く利用されるか、あるいはツェレードニヒの正体を知って彼を撃つことにするか・・・
 楽しみに待っていましょう^^


◆そして晩餐会へ

 1014号室、クラピカは念講習の受講生の前でハルケンブルグの強大な念を感じる。
 だがどこの誰によるものか彼は知らない。
 新たな正体の分からない敵に精神をすり減らすのだった。

 第8王子サレサレはベッドの上でよだれ垂らし苦悶の表情を浮かべ死亡。
 前回登場したウショウヒの虫射球(ニードルボール)が決まったのだろう。
 彼の守護霊獣の復活はなかったか・・・

 次はキリっとした表情の第11王子フウゲツ、第10王子カチョウ、そしてセンリツ。
 彼女らがどういう状況にいるのか、一緒にいるのかどうか分からないがみな意思が固そうな表情をしている。
 一体どうするのか・・・

 そして出航8日目PM8時、晩餐会が開始される・・・
 出発時の懐かしい男女の司会2人とホイコーロ。
 そして円形のテーブルがいくつも並ぶパーティ会場。
 一体何が起こるのか・・・
 そうそう、クラピカはオイトに晩餐会の時にツェレードニヒを肉眼で見る機会があると言われていた気がする。
 また波乱が起こるだろう、楽しみだ^^


 って、今回も旅団はなしか。
 ノブナガのバトル早くみたいのだが次回もなさげだな~。


 前奏曲(プレリュード)の先に待つのは希望か絶望か。


◆巻末コメント

 友人にすすめられた部屋の芳香剤だが私の体質に合わない様で鼻水が止まらない笑<義博>

 芳香剤で鼻水出ることってあるんですね、へぇ~。


前:ハンターハンター №381 捕食 ネタバレ感想
次:ハンターハンター №383 脱出 ネタバレ感想

ハンターハンター連載感想 / ハンターハンターコミックス感想 / 
ハンターハンター総集編感想 / ハンターハンター新アニメ版感想 / 
ハンターハンター劇場版感想 / ハンターハンター関連書籍感想 / 
ハンターハンター元ネタ小説


10月4日発売
HUNTER×HUNTER 36 (ジャンプコミックス)

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する