FC2ブログ

樹梟堂日記

自営業者の日記です。最近はまっているのはマンガ「トーキョーグール:re」「亜人」「ジョジョリオン」「ハンターハンター」、スマホゲーム「Fate/Grand Order」「クラッシュロワイヤル」です。

ハンターハンター №378 均衡(バランス) ネタバレ感想

 情報は巡る…!!

 週刊少年ジャンプ2018年16号収録分のハンターハンター「№378 均衡(バランス)」感想です。
 連載再開8回目!


◆シュウ=ウ一家とシャ=ア一家の密談

 ファーストフード店で汚いトレイに入ったハンバーガーと缶詰、缶ジュースを汚い机で食べる汚い人々。
 それとは逆に美しい部屋で高級料理を女性に食べさせてもらう人。
 それはシュウ=ウ一家組長オニオール=ロンポウ。
 第3王子チョウライにケツモチをしてもらうマフィアだが、なんと国王の異母兄弟の婚外子とのことだ。
 彼は電話で物資は分け前を多く得るために持たざる者に与えてはいけないと語る。
 力も同じと言うが、これは前回の念能力を隠す気がないと言われた旅団のことだろう。

 その電話の相手もこれまた豪華なものに囲まれた男性。
 シャ=ア一家組長ブロッコ=リー、第7王子ルズールスにケツモチしてもらう彼も国王の異母兄弟の婚外子だ。
 彼は旅団は力を持つ者の礼節をわきまえず流星街からもはみ出した異形の集団で調整するのは非常に厄介と語る。
 その有様にはマフィア構成員にもファンがいるらしい。

 2人は旅団と同じ掟破りが組長になったと語る。
 どうやら2人はその組長と旅団をぶつけたいようだ。

 2人はそれぞれ若頭に旅団より先にヒソカを探し出すよう命じる。
 シャ=ア一家若頭オウ=ケンイ。
 シュウ=ウ一家若頭ヒンリギ=ビガンダフノ。
 この2人はそれぞれさらに下の部下にヒソカの探し方を命じる。
 前回登場したバラの男はオウの部下のようだ。
 部下が見つけたら後は若頭が自分がやると言う。

 ブラックホエール号は人の世の縮図だったんですね~。
 上は無駄に豪奢な生活をし、下はギリギリの生活を強いられる・・・悲しい><
 それにしてもハンバーガーを入れるケースの汚さは何だろう。
 使い回しているのでしょうか^^;

 さてこの若頭の2人は腕に覚えがあるらしいがどれほどのものか。
 クラピカも若頭だがそのクラスの実力を期待して良いのだろうか。
 楽しみ^^



◆エイ=イ一家の23人

 最後はエイ=イ一家組長モレナ=プルード(Lv.45)だ。
 国王と愛人の娘である婚外子。
 第4王子ツェレードニヒがケツモチを務める女性だ。
 襲名の場で殺し合いを命じたとのこと。
 先の2人の組長が話していた掟破りとは彼女のことだろう。
 かなり虚無的で破滅的なことを言い、23人のメンバーとともに世界を壊す気のようだ。
 その描写やコマ割りは初めて旅団が全員集合した時を連想させられる。

 彼女の能力、

恋のエチュード(サイキンオセン)

はメンバーゼロのモレナの唾液を通じて発症者(メンバー)が増殖していくというもの。
 最大23名までだが発症者は人を殺すとレベルが上がりオーラの総量、威力が増して行く。
 レベル20を超えると独自の能力が発現、レベル100になると0患者(メンバーゼロ)となり独自の感染集団を形成できる様になるとのこと。
 一般人はレベル1、能力者はレベル10、王子はレベル50、それぞれ殺すと上がるとのこと。

 組長3人にはそれぞれ2本の切り傷がついている。
 これは二線者という正当な後継者になれない国王の子孫が産まれると同時に二枚刃でつけられたもので、表舞台に出ない代わりに生存を許されたとのこと。
 勝手に恐れ勝手に恐れるその暴挙が彼女の破滅願望の根源らしい。
 彼女は世界を壊すつもりである。

 国王の娘がマフィアの組長とは驚いた。
 カキン王国それでいいの?って感じ^^;
 その世界を巻き込む破滅願望はアリ編のジャイロを連想させられるが彼はいないのでしょうか。
 彼はやはりゴンの敵でここには出ないのかもしれません。

 サイキンオセンは人殺しを加速させるのがやばいですねー。
 頭に茨の冠をしているのはキリストのメタファーでしょうか。
 何ともやばい女性ですが物語を混沌とさせてくれること間違いなしなのが素敵です^^

 「恋のエチュード」はフランスの映画。
 「サイキンオセン」は色んなタイトルは医療系のサイトなどが出てきてよく分からないな・・・



◆ノブナガ、フィンクス、フェイタンを見つめる者

 シャ=ア一家は第5層で物資全般を取り仕切る。
 シュウ=ウ一家は第4層で人と物流の利ザヤで富を得る。
 エイ=イ一家は富裕層との闇取引の斡旋。

 そんなことを語っているノブナガ、フィンクス、フェイタン。
 ノブナガが第4層探す前に倉庫で武器調達すると言うと、フィンクス、フェイタンも一緒に行くと言う。
 オレの御守かと問うノブナガにフィンクスはまあそうだなとあっさり認める。
 1人で行くというノブナガにフィンクスははヒソカに一縷の望みも与えねぇと語る。
 彼らはヒソカを殺すことが第一で、クロロと違い自分で殺すこだわりはないようだ。

 倉庫をマフィアの案内で進む3人。
 しかし先に曲がり角を曲がったマフィアが消えたことをノブナガが円で感知する。
 死体はなく先は行き止まり、そして通り過ぎた道に死体が現れるのであった。
 死体を気にせず刀と傘を探そうとするフィンクスとフェイタン、ノブナガだけは死体を気にするが、フィンクスに優先順位おかしいと言われる。

 場面変わって第3層一般乗客エリア。
 殺人事件の現場検証がされている。
 そこに現れたのは久しぶりの十二支んのミザイストムだ。
 20人を殺した者は20代男性、やせ型で185~190㎝、左頬に大きな三日月形のキズがある。
 しかし現場周辺の聞き込みでは目撃証言なし。

 その男は現在ノブナガら3人を天井から覗いているのであった。
 エイ=イ一家組員ルイーニー(Lv.21)。
 天井の床を指で割いて出入りする能力らしい。
 死体の移動は彼のいたずらでそれを平然とスルーするところに感心するのであった。

 フィンクス、フェイタンとノブナガのずれ。
 ヨークシンでの団長人質に対する意見割れを連想させますな。
 割とノブナガは旅団の中では一般よりの性格なのでしょう。

 エイ=イ一家組長は旅団を探せとは言わなかったけど、彼女もやっぱり旅団を狙うのか。
 次回3人とルイーニーが激突するのかしら、楽しみ^^
 そろそろノブナガの能力が見たいですな!
 ルイーニーがレベル21なのは20人殺したからで、それで能力が発現して天井から下を覗き見たり出入りできるようになったのでしょう。
 ノブナガは円でそれに気付けるか!?

 しかし「そこにシビれる あこがれるゥゥウ~」ですか。
 今回もジャンプの他作品オチとは一体どうしちゃったの、冨樫先生^^


 さて、今回はなんと久しぶりにクラピカ未登場でした。
 ・・・と思ったら前回も出ていませんでした(笑)
 旅団が中心になって面白くなってきましたが、登場人物も一層増えて覚えるのが大変!
 もうとっくに覚えきれなくなっているのに~><

 ミザイストムが出ましたし十二支ん側と旅団、マフィアの激突も期待して良いのでしょうか。
 期待しています!

 あとヒソカのトリックスターぶりもいいですね~。
 どこでどんな姿しているのか分からないのにみんなヒソカの名前を出して右往左往しています。
 一体どんな形で登場してくれるのかたまりませんな。


 忍び寄る屋根裏の散歩者!!


◆巻末コメント

 渋谷で「ガラスを割れ!」と「Bright Burning Shout」を購入。毎回帰路のワクワク感は異常。<義博>

 欅坂46と西川貴教の曲でした。
 CDまだ買っているのか、へぇ~。



前:ハンターハンター №377 画策 ネタバレ感想
次:ハンターハンター №379 共闘(コラボ) ネタバレ感想

ハンターハンター連載感想 / ハンターハンターコミックス感想 / 
ハンターハンター総集編感想 / ハンターハンター新アニメ版感想 / 
ハンターハンター劇場版感想 / ハンターハンター関連書籍感想 / 
ハンターハンター元ネタ小説



HUNTER×HUNTER 35 (ジャンプコミックス)

 7月27日発売

幽☆遊☆白書 25th Anniversary Blu-ray BOX 霊界探偵編

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する