FC2ブログ

樹梟堂日記

自営業者の日記です。最近はまっているのはマンガ「トーキョーグール:re」「亜人」「ジョジョリオン」「ハンターハンター」、スマホゲーム「Fate/Grand Order」「クラッシュロワイヤル」です。

ハンターハンター №377 画策 ネタバレ感想

 奏でよ脱出の調べ!!

 週刊少年ジャンプ2018年15号収録分のハンターハンター「№377 画策」感想です。
 連載再開7回目!


◆幽遊白書新作アニメ政策決定!!

 あの幽遊白書の新作アニメが25周年記念ブルーレイボックスに収録とのこと。
 まさかの情報にひぇっと声が出ました^^;
 どんな内容になるのだろう?
 まさか2時間の劇場版並みのアクションが拝めるということはあるまい。
 でも水着回だったら反応に困るな・・・^^;



◆カチョウとセンリツの画策

 晩餐会で音楽ショーを母の第6王妃セイコに提案する第10王子カチョウ。
 第11王子フウゲツとグラスハープ、センリツはフルートとのこと。
 セイコはこれは継承戦をしたくないという意思表示だと思ったようだが、カチョウは継承戦を「誇りと覚悟をもって堂々と闘う」と言う。
 それを聞いたセイコは涙ぐむのであった。

 セイコが去った後、カチョウはセイコの嘆願は自分の罪悪感薄めたいだけと口汚く罵る。
 その裏でセンリツとモールス信号を送り次の日曜日の脱出計画を伝える。
 センリツによるとカチョウが憎まれ役を演じるのは二者択一を迫られた時、迷わずフウゲツを選ぶようにとのことらしい。
 その選択はフウゲツを傷つける。
 そんなことはあってはならない、2人で船から離脱すれば笑い話にできるはずと心の中でセンリツは思う。

 その時同僚のおじさんハンターのキーニが現れた。
 円で監視していたらカチョウのベッドにマンホールのふたを開けるみたいに生首が現れたと伝える。
 カチョウが騒がなかったところからフウゲツと予想する2人。
 戦闘能力がないとばれたら狙われることを心配するが、センリツは2人の王子の脱出が上手く行くことを確信するのであった。
 しかし、気がかりなのは一度も姿を見せていないカチョウの守護霊獣・・・

 継承戦のために生まれた守護霊獣。
 もし王子が継承戦から離脱しようとすると一体どうするのか気になります・・・
 2人を心配するセンリツとキーニもいいね!

 しかし、次の日曜日の晩餐会は第8王子サレサレが何かしでかすつもりだが計画がバッティングすると予想もつかない事態になりそう。
 楽しみ^^



◆幻影旅団とシャ一家

 中央食堂、そこに幻影旅団が勢ぞろいしていた。
 名前と番号も記されている。

№0 クロロ=ルシルフル
№1 ノブナガ=ハザマ
№2 フェイタン=ポートォ
№3 マチ=コマチネ
№4 カルト=ゾルディック
№5 フィンクス=マグカブ
№7 フランクリン=ボルドー
№8 シズク=ムラサキ
№10 ボノレノフ=ンドンゴ
№11 イルミ=ゾルディック

 シリアスに座る面々、そこには何とイルミもいた。
 情報交換する面々、第5層をしらみつぶしに探すが見つからず、3~5層の往来はマフィアに制限されているとのこと。
 第5層をシャ一家。
 第4層をシュウ一家。
 第3層をエイ一家とのこと。
 以前の話しによるとシャは第7王子ルズールス、シュウは第3王子チョウライ、エイは第4王子ツェレードニヒと関係が深い。

 そこに現れたのはバラの入れ墨をした一団。
 構わず話すイルミ、ヒソカの依頼で旅団に加わり、持ちつ持たれつの関係だったがいずれはどちらかがどちらかを殺すと思っていた。
 ヒソカの依頼はヒソカ自身を殺すこと、ヒソカが死ねば報酬が入るそうだ。
 そこにマフィアらしき一団がどくように言い、クロロはお前たちが他へ移れと言う。
 バラの一団のリーダーらしき髭の男は幻影旅団であることを知っており、ヨークシンの件で労せず新大陸の占有権を手に入れられたので恩人だと言う。
 もめたくないがなめられるわけにはいかない、黙ってどいてくれたら悪いようにしないし協力すると言う。

 旅団は立ち上がりヒソカを探していることを言う。
 男は国王軍にリストをチェックさせるが非正規乗船客が多いから期待するなと言う。
 第3、第4層は国王軍のチケットがいるが実はマフィアの分も必要でうち(シャ一家)に入ればフリーパスとのこと。
 第1層に行く方法を聞くとさすがに男は怒るのだった。

 旅団の背を見ながら男はソンビンと呼ばれる男にやばいか聞くと超弩級、野生の火竜と言う。
 念は誰もが立場を超えて隠し均衡を守るものだが旅団はそれを隠す気がないのがやばいのだそうだ。
 彼らが第1層に行けばすべてが崩れるので若頭に連絡すると言う。

 うーん、やっぱり旅団が動くと面白いですね^^
 シズクたちが生きていて良かった!
 そしてイルミ参戦も嬉しいですね~^^
 あと旅団の苗字が不明の連中のが全員分かったのも良かったです。

 旅団はマフィアの精鋭戦闘員を意に返さない強さなのでカキン系マフィアでも潰せないはず。
 でもあの時は旅団に対する準備をしていなかったからで、今回準備をちゃんとすればマフィアでも良い勝負できるかも。
 いやー楽しみですね^^



◆ヒソカ狩り始動!

 第1層の話しに目の色を変えたことからでかいお宝のニオイがすると言うフィンクス。
 クロロはまず先にヒソカだと言う。
 後は自由にヒソカを捕まえること、パーティの特注のケーキ、ヒソカを捕まえたらまたあのテーブルで食事をしよう、ヒソカの首をとってこい、そうクロロは言うのだった。

 散る面々。
 そのクロロにシズクとボノレノフは組むことを提案する。
 クロロの条件は自分がヒソカを殺すこと。
 シズクとボノレノフはヒソカのゴムと相性悪いからあっさりOKする。
 シズクは変装して探すとのこと。
 ボノレノフは演武曲「変容(メタモルフォージ)」で化けるが使う頭がないからとクロロに指示を頼むのであった。

 シズクはクロロに占ってもらうことを頼む。
 しかしいつの間にか本から消えていたとのこと。
 それに対してシズクは団長の本はデスノートみたいだと言いクロロは言葉がないのであった・・・

 旅団の面々の顔のカットイン。
 ヨークシンのウヴォーギンの弔い合戦の時みたいで燃える^^

 それにしてもネオン死亡疑惑か・・・
 物語の都合(占い邪魔)だろうが悲しいですね。
 除念で能力戻っていることを祈っています。
 しかし考えてみればネオンの護衛として雇われたクラピカが護衛していなかったのだからかなり前に死んでいたのかもしれます。
 クラピカがノストラードファミリーに所属したままなのだからノストラードは生きている、はず。
 この話しには関係ないから明かされるとしても当分先のことになるだろうが気になる><



 かくて蜘蛛は放たれた──!!


◆巻末コメント

 中野友加里さんのスピン好き。鈴木明子さんの演技大好き。え、今2018年?マジで?<義博>

 中野友加里さんは2010年引退。
 鈴木明子さんは2014年引退だそうで^^;


前:ハンターハンター №376 決意 ネタバレ感想
次:ハンターハンター №378 均衡(バランス) ネタバレ感想

ハンターハンター連載感想 / ハンターハンターコミックス感想 / 
ハンターハンター総集編感想 / ハンターハンター新アニメ版感想 / 
ハンターハンター劇場版感想 / ハンターハンター関連書籍感想 / 
ハンターハンター元ネタ小説



HUNTER×HUNTER 35 (ジャンプコミックス)

7月27日発売


幽☆遊☆白書 25th Anniversary Blu-ray BOX 霊界探偵編

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する