樹梟堂日記

自営業者の日記です。最近はまっているのはマンガ「トーキョーグール:re」「亜人」「ジョジョリオン」「ハンターハンター」、スマホゲーム「Fate/Grand Order」「クラッシュロワイヤル」です。

ハンターハンター №376 決意 ネタバレ感想

 父に届け…!!

 週刊少年ジャンプ2018年14号収録分のハンターハンター「№376 決意」感想です。
 連載再開6回目!
 ついに折り返し地点、ちょっぴり切ないですね^^;


◆ハルケンブルグ、ベンジャミン、カミーラ

 V・VIP専用通路のゲートで留められている第9王子ハルケンブルグ。
 国王への謁見は次の晩餐会までダメだと言う門兵にハルケンブルグは父上に渡してくれと手紙を預ける。
 門兵によると侍従長のモリシに預けることまでなので晩餐会で直接渡すよう勧めるがハルケンブルグは毎日手紙を持って来ると言う。

 モリシというのがあの儀式の壺を持ってきた男だろうか。
 そしてV・VIPか。
 V6のお偉方全員がその船に乗り込んでいるのだろうか。


 続いて裁判所。
 クレアパトロの前で席に着いている第1王子ベンジャミンと第2王子カミーラ。
 その前で主張し合う従者のバルサミルコとカミーラの警護人のような人。
 カミーラの凶行はムッセに銃撃されたせい、ベンジャミンの暗殺指示では、いやいやカミーラは丸腰で無抵抗のベンジャミンを撃ったやないか、という感じ。
 結果クレアパトロに両居住区の捜索を国王軍に依頼、両王子とも監視・拘留措置とのこと。
 カミーラは居室に戻れるようになったが、ベンジャミンはムッセから継いだ能力で彼女を監視し続けられるのであった。

 てっきりカミーラの守護霊獣の力でベンジャミン一派崩壊させられるのかと思ったがちゃんと裁判が行われました。
 王子と言えど何でもありではないのですね。


 そして舞台は3日目AM10:05へ。


◆暗殺者による次の犠牲者は・・・

 1014号室ではなんとまた暗殺者の凶行が!
 被害者は以前クラピカとやり合ったミュハンだ。
 トイレに入った瞬間を襲われてしわしわになっている。
 念講習を受ける者たちの中に念講習は一人ずつ始末するための罠だと騒ぎ始めるものが出る。
 クラピカは1014号室組が国王軍によりバラバラにされることを恐れるのであった。

 そこで手を上げたのはベレレインテ。
 彼は敵地で小便するのは油断だと言う。
 講習の2,3時間は防衛マニュアルを徹底的に守ること、グループで監視し合うことを提案。
 ハンター協会は継承戦を利用しカキン国中枢に取り入ろうとしているという噂を持ち出す者がいるが、それは継承戦は雇われる側の出世争いでもあるらしい。
 念を知っているのに念講習に残るのは他の王子の防衛力を調べるため、止めたい人だけ止めればいい、第8王妃オイトと護衛を提訴するなら同じ嫌疑で全員を提訴するとまで言う。

 クラピカはベレレインテを呼び出し講習を続けられる礼を言う。
 代わりにビルを10分ほど借りることを頼むベレレインテ。
 2人で会話するふりをして1013号室に情報を伝えるらしい。
 空の部屋の守護霊獣への接触は最後の手段とのこと。

 おかまキャラは男前と言うのが鉄板だがやってくれましたね^^
 しかしミュハンがここで退場とは意外。
 やばい能力発現させてクラピカと戦うと思いきやこうなるとは・・・
 クラピカの噛ませ犬でしかなかったか、アーメン。

 しかしトイレでシオシオで死ぬと言うと継承戦初期のウッディーの死を思い出します。
 同じ暗殺者によるもの、じゃないですよね・・・謎。



◆カチョウ、チョウライ、フウゲツ

 1010号室、第10王子カチョウに呼び出されるセンリツ。
 勉強を出汁に呼び出されるが、モスキート音でメッセージを送られる。
 それによりセンリツも同じ秘密のメッセージを送り合える機械を手に入れられるのであった。
 生き延びることを考えているカチョウを助けることを誓うセンリツだった。

 第3王子チョウライは自分の守護霊獣が生み出すコインを見て悩む。
 具現化系は実在の道具と同じ使い方か超常的な効果を持つ物の2つに分けられると説明する第1王子私設兵コベントパ。
 結局使い方は分からないのであった。
 説明によるとコインの所有者が条件を満たす事で様々な能力が発現するとのこと。

 4日目水曜日深夜。
 第11王子フウゲツの扉の守護霊獣は1日1回らしい。
 カチョウと一緒に逃げるためその能力について調べることにするフウゲツ。
 とりあえず入口の横に出口を出すことはできないらしい。

 カチョウとフウゲツの意志が泣ける><
 幸せになって欲しいよ、ほんと。
 しかしフウゲツは念能力のこと知らないんだな、魔法て^^;



◆ツェリードニヒのポテンシャル

 そして1004号室、第4王子ツェリードニヒにミュハンの死を伝えるタンジン。
 講習に参加し続けて良いか聞くタンジンに覚悟はあるのかと問うツェリードニヒ。
 教えるという行為が人を操作する条件かもしれないと。
 それを聞いてテータは念戦闘で最も重要なスキルの1つ、あらゆる想定の深さと早さが自分を上回っていることに戦慄するのであった。
 そして頬の痛みからツェリードニヒの守護霊獣から受けた傷を思い出す。
 おそらく守護霊獣の能力の条件だと。
 続けるなら講習の最終日、正常を証明する土産が必要だと言う。
 汗を垂らしながらタンジンは続けると言うのであった。

 ツェリードニヒの念修行の様子からあと11日で絶習得まで行けることを確信するテータ。
 そこに彼は水見式をしたいと言い出す。
 テータは口では反対しつつも内心ではツェリードニヒの系統を知った方が良いと思う。
 その結果、葉は焼けて水は異臭を放ちながら沸騰し何とも凶々しい特質系であることが分かるのであった。

 テータ生きてて良かったです^^
 苦労人の彼女があっさり死んでしまったら目も当てられない!
 しかし守護霊獣から受けた傷は何でしょう。
 嘘をつく女が嫌いと言っていたので、ツェリードニヒに嘘をついた女性に傷で印をつけ、二度目の嘘で死ぬとか?

 ツェリードニヒの思考力、オーラともに悪のボスに相応しいのが良いですね。
 悪のボスが着実に育って行く様子を見るのも後々のカタルシスを思うと快感があります^^
 しかし水が硫酸のようになった水見式の結果ですがこれは変化系じゃないのでしょうか。
 変化系は水の味や質を変える結果になるはずですが、葉を焼く様子からは別物なのかもしれません。
 守護霊獣と王子自身の能力、どうなるのか楽しみです^^



 この男、全てが規格外!!


◆巻末コメント

 ジェイソン・ブラウン選手。私の中で最も美しく滑るスケーターの1人です。<義博>

 世間が羽生結弦で盛り上がっている時になぜ別の選手を・・・と思って動画を見たら非常に軽やかに舞っておりたしかに素晴らしい演技でした^^


前:ハンターハンター №375 説得 ネタバレ感想
次:ハンターハンター №377 画策 ネタバレ感想

ハンターハンター連載感想 / ハンターハンターコミックス感想 / 
ハンターハンター総集編感想 / ハンターハンター新アニメ版感想 / 
ハンターハンター劇場版感想 / ハンターハンター関連書籍感想 / 
ハンターハンター元ネタ小説



HUNTER×HUNTER 35 (ジャンプコミックス)

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

ついに折り返し地点、って、やっぱ今回も10回で休載になるんですかねぇ?

じょまじ | URL | 2018年03月05日(Mon)14:20 [EDIT]


Re: タイトルなし

じょまじさん、コメントありがとうございます。

> ついに折り返し地点、って、やっぱ今回も10回で休載になるんですかねぇ?

まだ分かりませんけど今までの流れからしておそらくそうかなと^^;

樹梟堂 | URL | 2018年03月10日(Sat)20:43 [EDIT]