樹梟堂日記

自営業者の日記です。最近はまっているのはマンガ「トーキョーグール:re」「亜人」「ジョジョリオン」「ハンターハンター」、スマホゲーム「Fate/Grand Order」「クラッシュロワイヤル」です。

ハンターハンター №361 辞退 ネタバレ感想

 船は行く── 混沌の海を


 襲い来る凶刃!!


 週刊少年ジャンプ2017年30号収録分のハンターハンター「№361 辞退」感想です。
 連載再開1回目!


◆サイールドを捕らえるクラピカ

 前回は操作されナイフで襲いかかるサイールドをクラピカが抑える意思を見せたところで終わった。
 その続きは予想通りダウジングチェーンを使い抑えるものだった。
 クラピカがビルに継承戦からの離脱方法を問うが、それに必要だったのはツボネのように乗り物に変身できたカートンでサイールドの能力は飛ばした念で小動物を操る放出系能力者。
 それを知ったクラピカの「人差し指」がひらめく!

 奪う人差し指の鎖(スチールチェーン)!

 クラピカの謎に満ちた人差し指の鎖はクラピカの師匠イズナビが実際に戦ってから決めるように勧めた能力。
 複数の念能力者相手には複数の念能力者で当たるのが大原則。
 だがクラピカは1人で戦うことにこだわっていたのでその折衷案としてそう勧めた。
 それで彼が選んだ能力は・・・

 鎖の先の注射器で相手のオーラを吸って絶にし、さらにその能力を一度使うというものだ。
 クロロやレオルを思わせる能力だが、クロロの影響はあるのだろうか?
 ・・・なさそうだな。
 この能力を使う時にゴンキルレオとワブル(守っている赤ん坊の王子)の顔が浮かんでいるので誰かを守るためでしょう。
 実際にサイールドのオーラを吸いきることで彼を操作していた念獣が出ていきました。
 テディベアをクモにしたような念獣に緋の眼になるクラピカ。
 彼がクモを見ると切れる性格だったこと思い出した^^

 スチールチェーンには十字架とイルカの模様があります。

HUNTER×HUNTER モノクロ版 33 (ジャンプコミックスDIGITAL)

 33巻表紙のイルカは何かと思ったらこの人差し指の鎖からだったのですね。
 よく見ると人差し指にオーラが集まっています。
 そのイルカはクラピカのエンペラータイムでイルカ型のドローンに変貌、奪った能力をセットすることで解析してくれます。
 サイールドの能力は「裏窓(リトルアイ)」、念で捕まえた小動物を操るが具現化されたものはそこに含まれないので念獣を逃してしまいました。
 イルカは能力を発動しない限りエンペラータイムは解除できないとのこと。
 カイトやクロロの能力を思わせる面倒くさいタイプだな^^;

 拘束されたサイールドが言うにはでかいヌイグルミみたいのと話した後、小さいのがまとわりついてヒマかと聞き続け、うっかりヒマだと答えたら体が自由に動かなくなったとのこと。
 その小さいのは念能力者でも対象外なら見えないらしい。


◆11人から2人に

 サイールドは殺害犯として軍の拘束され、女中の人からも辞退を申し出るものが。
 それによりワブル&オイト(ワブルの母)の警護はクラピカとビルだけ、女中も2人だけに。
 さすがにこれにはクラピカも汗を垂らす。

 ワブルの王位継承戦離脱には死んだカートンの能力以外にはパリストンの協力が必要なものとビヨンドのものの2つがある。
 ビルはパリストンに連絡できるのだろうか、クラピカとパリストンの絡みを見てみたいものだ^^


◆王子居住エリア12区

 ハンゾーが警護するモモゼ、そしてマラヤームの母親はモモゼの警護をマラヤームに移すよう指示する。
 さらに世話係も移す母親をモモゼは快諾する。
 その内心に宿るのは哀れみの心だ。
 モモゼは母とマラヤームが王の器でないために怯えふためく彼らに同情しているのだった。
 モモゼはおとなしそうな顔をして内面はタフな野心家のよう。

 そしてその背後に控えているのはどーもくんの顔をしたヌイグルミ、つまりクラピカらを襲った念獣は彼女のものだった。
 もちろんモモゼはそれが見えていないので無意識のものだったであろう。
 あの母親の様子からして寂しい幼少期を過ごしたのであろう、それゆえにあの「おヒマ?」と聞いてまわる念獣になったのだと思います。

 そして世話係がいなくなったモモゼに食事を用意する名もない警護の人。
 そのしっかりした料理と2人のやり取りが微笑ましいですね^^


◆晩餐会にて

 王子一の高学歴(?)ハルケンブルグが父親のカキン王に告げる。
 継承戦を辞退すると・・・
 しかしその肩には鳥の足をした一つ目のミノタウロスみたいないかめしい鬼が乗っているのであった。
 それが見えるのかどうか、カキン王は鷹揚に対応するのであった。

 その様子ではもうオイトが継承戦離脱を申し出ても王は簡単にOKしてくれそうだ。
 もちろん念獣が逃してくれないだろうが。
 この物語にはどういう落とし所があるのだろう?
 他の念獣を無力化する王子の念獣が現れる?
 それよりも旅団がかき乱して継承戦を中止させる可能性の方が高いでしょうね。
 うーん、続きが楽しみでしょうがないです^^


 渦中── 望もうが望むまいが。


◆巻末コメント

 ご多忙の中、素敵な色紙を有難うございます。机に飾り、励みにしております。<義博>

 一体誰に言っているのでしょうか?
 去年参加されたこち亀40周年パーティ関連とか?

漫画家・江口寿史のTwitter写真に冨樫義博が写り騒然となる


前:ハンターハンター №360 寄生 ネタバレ感想
次:ハンターハンター №362 決意 ネタバレ感想

ハンターハンター連載感想 / ハンターハンターコミックス感想 / 
ハンターハンター総集編感想 / ハンターハンター新アニメ版感想 / 
ハンターハンター劇場版感想 / ハンターハンター関連書籍感想 / 
ハンターハンター元ネタ小説


HUNTER×HUNTER 34 (ジャンプコミックス)
冨樫 義博
集英社 (2017-06-26)
売り上げランキング: 3


PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する