樹梟堂日記

自営業者の日記です。最近はまっているのはマンガ「トーキョーグール:re」「亜人」「ジョジョリオン」「ハンターハンター」、スマホゲーム「Fate/Grand Order」「クラッシュロワイヤル」です。

読書感想/夜行観覧車/湊かなえ

 「夜行観覧車」(湊かなえ著)の感想です。


 「告白」「少女」と続く湊かなえ本3冊目、これも妹に借りました。

 父が医者で子どもたちは私立の有名学校に通う高橋家。
 事なかれ主義の父、持ち家に以上にこだわる母、私立に落ちて公立の学校に通う癇癪持ちの娘の遠藤家。
 息子夫婦は海外に住み旦那は仕事に忙しく暇で噂好きの小島さと子。
 ある日その完璧な家庭に見えた高橋家で妻が夫を撲殺する事件が起きたことから3つの家庭の破壊と再生が始まる。
 閑静な高級住宅地である3つの家族のそれぞれの視点を順番に描くことで複雑な事態のつながり、隠された真相が明かされていく。

 先が気になって夜に一気に読みました(笑)
 結末のパンチ力は今まで読んだ作品に比べて予定調和に感じて弱いかな。
 衝撃度は一番下です。
 だけど各家庭や学校、住居による階級差の描写やそれが移り変わる様子は興味深く読みました。
 そういう移動しつつも結局家庭に戻ってくるところがタイトルの「観覧車」なのでしょう。
 「夜行」の部分は・・・夜に事が起きたからかな?(笑)

 私は遠藤家の3人に感情移入して読みました。
 事なかれ主義、これさえあれば幸せになれるという思い込み、自分にはどうにもできない現実を前に誰かにあたるしかない弱い自分、階級が上の人間の没落に心が躍ること・・・
 それぞれ覚えがある小市民的な感情です。
 彼らがそれに基づいた行動が何をもたらすのか、周りにどう思われるのかという良いシミュレーションとしても楽しめました(笑)

 Amazonのレビューを読んで思ったこと。
 慎司が1000円なくしたことを忘れていました。
 あれは母親が何かトリックに利用するためかと思いましたが、単なる偶然だったのかな。
 あと最後に小島さと子が高橋家に良くするようになることに違和感があると言う人が多いですが、彼女自身のフラストレーションが高橋・遠藤両家に関わることで晴れたのではないでしょうか。
 ひばりヶ丘を守ることが生きがいだったのが、高橋家を見守ることにスライドしたみたいな。
 あるいは息子夫婦と同居することが希望だったのが、高橋家の再生にスライドしたみたいな。


夜行観覧車 (双葉文庫)
湊 かなえ
双葉社 (2013-01-04)
売り上げランキング: 4,432



 漫画版・ドラマ版もあります。

コミック版 夜行観覧車 (ジュールコミックス)
双葉社 (2013-12-20)
売り上げランキング: 22,285


夜行観覧車 Blu-ray BOX
夜行観覧車 Blu-ray BOX
posted with amazlet at 17.04.15
TCエンタテインメント (2013-07-17)
売り上げランキング: 28,438



PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する