樹梟堂日記

自営業者の日記です。最近はまっているのはマンガ「トーキョーグール:re」「亜人」「ジョジョリオン」「ハンターハンター」、スマホゲーム「Fate/Grand Order」「ポケモンGO」「クラッシュロワイヤル」です。

読書感想/少女/湊かなえ

 「少女」(湊かなえ著)を読んだ感想です。


 「告白」に続く私にとって2冊目の湊かなえ本、また妹に借りました。

 2人の女子高生、由紀と敦子は互いに想い合っているのに自身の悩みは打ち明けられないでいる。
 そんなある日、仲の良い転入生である紫織から死体を見た話しを聞き、2人はそれぞれ悟りを開くために紫織の体験を越える死の瞬間を見るために夏休みを利用して活動をするのであった。

 この作者は本当にそれぞれの人の主観を描くのが上手い。
 2人のすれ違う想いはもどかしく、そうであるがゆえにひとつになった時はとても興奮させられます。
 2人の死を求めた夏の冒険の結末はとても意外で爽やかなものであった。
 ・・・という予定調和な結末を裏切る爆弾を最後に持ってくるのは「告白」に通じるものがあって、さすが湊かなえと言いたくなります。
 この作品の最初と最後に置かれた遺書、その真実とは・・・
 単なる美しい話ではなく、かと言って醜悪な話でもない。
 その時々で揺らぐような読み手のこの作品への印象、まさに「少女」というタイトルに相応しいと思います。

 そう言えばあらすじから映画「スタンド・バイ・ミー」を思い出しました。
 あれも夏の冒険の話しだったと思います。
 夏は人生で一番輝いた時のような印象を与えるのは洋の東西を問わないということでしょう。


少女 (双葉文庫)
少女 (双葉文庫)
posted with amazlet at 17.04.14
湊 かなえ
双葉社 (2012-02-16)
売り上げランキング: 5,114



 漫画版・映画版もあります。
 Amazonビデオにはありませんでした。



少女 Blu-ray特別版
少女 Blu-ray特別版
posted with amazlet at 17.04.14
ポニーキャニオン (2017-04-05)
売り上げランキング: 1,591


PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する