樹梟堂日記

自営業者の日記です。最近はまっているのはマンガ「トーキョーグール:re」「亜人」「ジョジョリオン」「ハンターハンター」、スマホゲーム「Fate/Grand Order」「ポケモンGO」「クラッシュロワイヤル」です。

読書感想/告白/湊かなえ

 「告白」(湊かなえ著)を読んだ感想です。


 妹に「悪の教典」(貴志祐介著)と同じような作品と言われて勧められた小説です。
 子供を生徒に殺されたシングルマザーの教師が復讐する話しなのですが、6つのパートに分かれ、それぞれ別の人の主観、あるいは話したり書いたりした内容になっています。
 それでその教師の復讐は最初のパートで終わるので、「悪の教典」とはまったく違う内容じゃん!と思いつつ読んでいったら結末は・・・
 うーむ、凄い作品だ。
 「湊かなえ」の名はAmazonでよく見かけるがこういう作品を書く方だったのかと尊敬の念が湧きました。
 それぞれの人物の内面、主観や徐々に明かされていく真実というのも良い。
 さらに叙情的にならずあっさり終わらせるのも見事!
 映画化されているのですでに有名な作品なのだろうが、それでも多くの人におすすめしたい作品です^^

 そして文庫版の巻末には映画化を手掛けた中島哲也監督のインタビューが載っています。
 そこには語り手が本当のことを言っているとは限らない、中学生の出演者はそれを聞くと驚くので簡単に騙せる、などと語られていました。
 私も書かれたことに疑いを抱かなかったので、中学生並のチョロさなのかとがっくしきています(笑)

※追記:同日
 教師の2人の生徒への復讐だが、死んだのはその生徒の母親だ。
 ということは彼女の復讐は生徒よりもそれを育てた母親に向いていたのかもしれない。
 あるいはその生徒を育てた母親に手をかけさせることで命の尊さを教師として教えたとも言えるかも。
 そんなことを感想を書いた後につらつら考えていた。



告白 (双葉文庫) (双葉文庫 み 21-1)
湊 かなえ
双葉社
売り上げランキング: 939



 Amazonビデオに映画版あったー。

告白
告白
posted with amazlet at 17.04.09
(2013-11-26)
売り上げランキング: 10,201


PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する