樹梟堂日記

自営業者の日記です。最近はまっているのはマンガ「トーキョーグール:re」「亜人」「ジョジョリオン」「ハンターハンター」、スマホゲーム「Fate/Grand Order」「ポケモンGO」「クラッシュロワイヤル」です。

ハンターハンター №358 前夜 ネタバレ感想

 遂に・・・!!


 週刊少年ジャンプ2016年29号収録分のハンターハンター「№358 前夜」感想です。
 連載再開9回目!



◆舞台はブラックホエール号へ

 大勢の聴衆が見守るのは停泊しているブラックホエール号。
 前夜祭がスタートだ。
 ヒソカみたいなピエロっぽい男女のナレーションによりカキン王、並びにビヨンドと王子たちが現れる。

 王子たちは全員殺し合いのこと知っているんだよな?
 知っていてにこやかに周りに手を振っているとか、やっぱりみな非凡なんだなーと。
 もしくはみな変態鬼畜どもか?^^;
 ただ一人、ルズールスのやさぐれ感はいいね、何かしでかしてくれるはず^^


 しかし、今回はヒソカと旅団なしか。
 ヒソカVSクロロの時は早く暗黒大陸編に戻って欲しいと思っていたのに、前回のあのラストを見たらヒソカVS旅団の続きが見たくてしょうがありません><
 冨樫先生の手のひらで踊らされてますな、完全に^^;

 そしてブラックホエール号はてっぺんに船が浮かぶ池みたいなところがあるデザインが可愛い^^


◆華やかなパーティの裏で

 王子たちはパーティでVIPたちと社交する。
 その裏では警備員兼兵士たちが王位争奪戦の準備をしているのだった。
 話しているのは第一王子ベンジャミンの兵士たち。
 しかし各王子たちは毎週日曜日の晩餐会以外では王子同士で出会えないので急襲作戦が難しいとのこと。

 オイトとワブルを警備するクラピカは念能力者とカキン側である準協会員を恐れるのだった。
 ミザイストムは電話でブラックホエール号3層以下の一般乗客たちの治安維持のため手を離せないとのこと。
 チードルも医者が足りずスタッフの補充と再編成に奔走している。
 クラピカはその混沌を利用できるのではないかと計算する。

 死を覚悟していたオイトはクラピカの生き残るための準備を聞いて逆に震えが止まらなくなる。
 そんなオイトとワブルを寝室に送ろうとしたその時、クラピカは謎の気配を感じたのだった・・・

 王子たちが守護霊獣でどう闘うのかと思っていたのですが、武力で攻撃できないよう居場所を分けることで守護霊獣でしか戦えない環境にしているということかな。
 クラピカたち警備員は守護霊獣と闘えるのだろうか。
 戦えないといる意味ないからできるか(笑)

 この船にジンたちビヨンド派やクロロ率いる幻影旅団も乗っているのだろうか。
 そいつらと守護霊獣が絡むとか・・・まさにカオスだな^^;
 それをどう描くか楽しみだけど次回で休載するかどうかの分水嶺である連載再開10話!
 ぜひそれ以降も続いて欲しいものだ><


 そして動き出す───


◆巻末コメント


 20代では出来たうつ伏せでの執筆が体が硬くなって出来ない。
 <義博>


 ペン入れとかもうつ伏せでしたのでしょうか?
 だとしたら凄いね、ほんと^^;


前:ハンターハンター №357 残念② ネタバレ感想
次:ハンターハンター №359 出航 ネタバレ感想

ハンターハンター連載感想 / ハンターハンターコミックス感想 / 
ハンターハンター総集編感想 / ハンターハンター新アニメ版感想 / 
ハンターハンター劇場版感想 / ハンターハンター関連書籍感想 / 
ハンターハンター元ネタ小説


HUNTER×HUNTER モノクロ版 33 (ジャンプコミックスDIGITAL)
集英社 (2016-06-03)
売り上げランキング: 1






PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

私の考えでは、休載するかの分水嶺は来週ではなく再来週だと思います。
というのも、過去の例からすると、ちょうどコミック一巻分(全10話)が出そろった時点で休載するパターンになっているからです。

今回は連載再開第一回が33巻の最終話でしたので、再来週分が34巻の最終話になります。(ちなみに、前回の休載は腰痛のために急遽、9話しか書かない状態での休載でしたから、当初の予定ではもう一週連載する予定だったように思えます。)

センリツの耳 | URL | 2016年06月22日(Wed)00:45 [EDIT]


Re: タイトルなし

> 私の考えでは、休載するかの分水嶺は来週ではなく再来週だと思います。
> というのも、過去の例からすると、ちょうどコミック一巻分(全10話)が出そろった時点で休載するパターンになっているからです。
>
> 今回は連載再開第一回が33巻の最終話でしたので、再来週分が34巻の最終話になります。(ちなみに、前回の休載は腰痛のために急遽、9話しか書かない状態での休載でしたから、当初の予定ではもう一週連載する予定だったように思えます。)

センリツの耳さん、まったくその通りだと思います。
私もその可能性は頭にありました。
でも実際どうなるかはジャンプを読まないとどうにも分かりません。
楽しみにしていましょう^^

樹梟堂 | URL | 2016年06月25日(Sat)21:10 [EDIT]