樹梟堂日記

自営業者の日記です。最近はまっているのはマンガ「トーキョーグール:re」「亜人」「ジョジョリオン」「ハンターハンター」、スマホゲーム「Fate/Grand Order」「クラッシュロワイヤル」です。

ハンターハンター №357 残念② ネタバレ感想

 惨事・・・


 週刊少年ジャンプ2016年28号収録分のハンターハンター「№357 残念②」感想です。
 連載再開8回目!



◆ヒソカ死亡

 黒煙が吹き上がる天空闘技場。
 救急隊や警備員でごった返しの地上。
 底が抜けるほどの爆発の跡を残す闘技場・・・

 そしてヒソカの死体!

 爆発の影響で眉毛、鼻、唇が消失したヒソカの顔。
 それを見下ろすシャルナーク、コルトピ、マチ。
 シャルいわく、死因は爆破役ではない人形による肉の壁と爆発で酸欠になっての窒息とのこと。
 首に傷があるのは爆発前に首をねじ切られようとしたからだろう。

 いやはや、前回はこの上なくボッコボコにされたヒソカだから、今回はどんな逆転劇を見せてくれるかと思ったらこれか^^;
 信じられないですね・・・


◆一人残るマチ

 ヒソカの死を確認したシャルナークとコルトピは帰るものの、マチは一人残る。
 ヒソカの死体の身繕いをしてあげるのだ。
 死体を整える職業ってあったよね。
 死化粧師か、マチはそういうこともやるのね。

 ヒソカの目を閉じてやり、団長の除念の礼を言うマチ。
 そういう律儀なところと男勝りなのに膝を曲げる時は脚をぴったり閉じる乙女なところがかわええ^^
 でも頭から糸を出すのは何でだろう?

 しかしマチが針を刺そうとした時ヒソカに異常が!


◆死後の念

 ヒソカの体を覆うオーラ。
 それはヒソカが死ぬ前に死後バンジーガムが心臓と肺を伸縮させるよう念じたものだった。

 前回の「ギュルッ」と前回から続くサブタイトル「残念」はこの伏線だったのか・・・なるほどね^^
 しかし生き返ってすぐ片足立ちで平気でおしゃべりするヒソカはやっぱり超人的だ^^;
 しかも楽しげにクロロ級だと相手十分の条件で勝つのは難しいと語る。
 これにはマチも呆れ顔^^

 マチの縫ってあげるという申し出を断るヒソカ。
 クロロ戦での損傷は全てバンジーガムとドッキリテクスチャーで元通りにするのだった。
 便利過ぎて結構なことだが首の傷は縫ってもらえばいいのに。
 念能力者だとそれくらいの傷は自己治癒できるのだろうか^^;
 あと体のパーツがオーラだと絶するのが不便そうだ(笑)


◆ヒソカの闘いは続く

 帰ろうとするマチにヒソカは語る。
 先ほどマチは闘う相手と場所を選ぶように忠告したが、ヒソカはそれに対して闘う時、相手と場所を選ばないことにしたと言う。
 そう、旅団(クモ)相手には

 マチをバンジーガムで一瞬で拘束したヒソカは旅団全員をどこでも誰でもその場で殺すまで闘うと宣言!
 マチは特別みたいでその場に置いて行く。
 バンジーガムは手元から話すと伸びる長さが短くなるはずだが強度はどうなのだろう?
 ヒソカが解かないと誰か除念してくれるまでずっとそのまま?
 だとしたら怖すぎるのだが^^;


◆クラピカVSクロロ再びの予感!?

 新大陸を目指すカキン王族が船に詰め込むお宝をいただくと電話でシャルナークに告げるクロロ。
 クラピカとの再会来るか!?^^
 ツェレードニヒをひと目見ようとオイトについていくクラピカ。
 そこに居たのはツェレードニヒを警護するクロロだった。
 ・・・な~んてことになったらたまらんな><
 でもツェレードニヒは新たにボディガード募集なんてしないからこういうことはないだろうけどね。

 しかし船内に持ち込むほど大事な宝とは何だろう?
 ツェレードニヒなら緋の目、カキン王ならあの蠱毒のツボかな。


◆手足を落とされるクモ

 公衆トイレの外でコルトピを待つシャルナーク。
 しかしそこから出てきたのはコルトピの首を持つヒソカだった・・・
 飛びかかるシャルナークだが投げられたコルトピの首を手にとってしまう。
 かくしてあっさりとシャルナークはヒソカの餌食になってしまったのだった。

 ・・・くぅ~こう来るか!^^
 前回は白熱したヒソカVSクロロだったのに、たった1話でヒソカVS旅団に様変わりするなんてやっぱりハンタ最高!!><
 公衆トイレからコルトピの首を持って出てくるヒソカ、これは最近の、いやハンタ開始以来の屈指のホラーシーンですよ、最高!^^
 ヒソカの足がギュギュっとなったのは新技でしょうか。
 肉体を欠損することで新たな境地に行く・・・「刃牙」の愚地克巳連想した^^

 最近ネットでシャルナークとコルトピに能力が戻ることでクロロの死を知る」などと言われていましたが、今回逆じゃないですか。
 シャルナークとコルトピの能力が消えることでクロロはこの異常事態に気づくでしょう。
 これぞまさに「予想の斜め上を行く」ですね^^

 クロロは仲間の死で盗みの計画を変更したりしないような気がする。
 なので暗黒大陸行きの船内がクラピカVS旅団VSヒソカというヨークシンの再来になるかも^^
 そうそう、旅団にはカルトというキルアの弟もいるんだった。
 ヒソカがカルトを殺せばキルアも黙っていられないだろうな。

 まったく、ヒソカVSクロロは暗黒大陸編にまったく関係のない話しだと思っていたらこのとんでもなく期待させる展開が来るとは・・・
 やってくれますな~^^


 奇術師、殺戮の行進(パレード)へ。


◆巻末コメント


 食事制限を緩め運動を加える。早歩き50mも保たずショック。
 <義博>


 腰痛どころか生きていることだけでも感謝せにゃって感じですね^^;


前:ハンターハンター №356 残念① ネタバレ感想
次:ハンターハンター №358 前夜 ネタバレ感想

ハンターハンター連載感想 / ハンターハンターコミックス感想 / 
ハンターハンター総集編感想 / ハンターハンター新アニメ版感想 / 
ハンターハンター劇場版感想 / ハンターハンター関連書籍感想 / 
ハンターハンター元ネタ小説


HUNTER×HUNTER モノクロ版 33 (ジャンプコミックスDIGITAL)
集英社 (2016-06-03)
売り上げランキング: 1






PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

先週、予想を書き込んだものです。
いやぁ〜、見事に外れましたね。
やはり冨樫の頭の中は凡人には読めませんね。

トポス | URL | 2016年06月13日(Mon)23:37 [EDIT]


Re: タイトルなし

> 先週、予想を書き込んだものです。
> いやぁ〜、見事に外れましたね。
> やはり冨樫の頭の中は凡人には読めませんね。

まったくその通りで(笑)
これからの旅団との全面戦争(?)楽しみです^^

樹梟堂 | URL | 2016年06月17日(Fri)13:31 [EDIT]