樹梟堂日記

自営業者の日記です。最近はまっているのはマンガ「トーキョーグール:re」「亜人」「ジョジョリオン」「ハンターハンター」、スマホゲーム「Fate/Grand Order」「ポケモンGO」「クラッシュロワイヤル」です。

漫画感想/東京喰種トーキョーグール:re6巻/石田スイ

 漫画「東京喰種トーキョーグール:re」6巻(石田スイ著)をKindleで読んだ感想です。



 隻眼の梟の襲撃という衝撃的なラストで終えた前回、さてその結果どうなったのかと今回を楽しみにしていました^^
 いやはや、また佐々木が変貌することになるとは思いませんでした^^;
 髪が黒く染まった彼、冷徹なインテリ捜査官という感じ。
 これはどういう心境の変化なのでしょうか?
 無印で白カネキに変貌する時も母の記憶が関係ありましたが、あちらは母を慕うものだったのに、こちらでは虐待されたものです。
 一周回って黒カネキに戻ることで自分のやりたいこと見つけた感じ?
 月山をばれないように逃がす意図があったように見えたので完全に冷徹になったというわけではないでしょう。
 佐々木の中のカネキが「格好良く死にたい」と言っていたので、そのために手柄立てて出世してまた手柄立てて・・・を繰り返して行く感じでしょうか。
 やはり誰かに必要とされたい、というのが彼の根源的な欲求なのかな。

 そして不知の死と佐々木のQs班脱退。
 こんなに早く佐々木と4人のチームでの成長物語が終わるなんて思いませんでした。
 もっと見ていたかったかったなーと思うので残念。
 これを期にさらなる物語の広がりを期待するとします。

 エトは自分が隻眼の王ではないと言いました。
 滝澤でないとすれば(笑)、残りは佐々木しかいないでしょう。
 今回のラストのあのセリフの続きは、佐々木こそが王だと宣言するはず!
 しかしそれにしても出頭してきたエトはかわええな^^
 本当にあのエトかと目を疑いました(笑)
 佐々木と2人で並んでいるともっと良い!
 この2人のままでずっと見ていたいですね。
 佐々木は何でも良いから人に愛されるようなでかいことをしたいみたいなので、エトと一緒にグールの王でもいいじゃないですか^^

 そうそう、店長が昔所属していた組織ですが、どうも有馬や今回の表紙である旧多も一員のようですね。
 グールの組織だと思っていたけど違うのかな?
 有馬の育った孤児院(?)も優秀な捜査官排出している謎に満ちたところなので、超人を作る秘密結社だったりするのかも^^
 旧多もただのサイコパスキャラかと思ったら重要な人物そうでびっくりです。
 彼はアオギリに移送車の情報を送ったような描写がありましたよね?
 不知の死体を盗ませるためだったらあの医者ともつながっていそうで、やっぱり組織は超人を作るためのものかなーと。

 最後は廃棄が決まったフエグチ・・・
 佐々木は月山は助けてもフエグチは助けないわけ?
 出世に邪魔になるかならないかなのかな、寂しいのぉ。


 次回は6月17日発売予定とのこと。
 HUNTER×HUNTERの連載再開もあるし楽しみいっぱい嬉しいな^^


トーキョーグール:re感想
前:漫画感想/東京喰種トーキョーグール:re5巻/石田スイ
次:漫画感想/東京喰種トーキョーグール:re7巻/石田スイ

Kindle/東京喰種トーキョーグール[JACK]感想


東京喰種トーキョーグール:re 6 (ヤングジャンプコミックス)
石田 スイ
集英社 (2016-03-18)
売り上げランキング: 4



PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する