樹梟堂日記

自営業者の日記です。最近はまっているのはマンガ「トーキョーグール:re」「亜人」「ジョジョリオン」「ハンターハンター」、スマホゲーム「Fate/Grand Order」「ポケモンGO」「クラッシュロワイヤル」です。

Kindle感想/火星の人/アンディ・ウィアー

 KindleでSF小説「火星の人」(アンディ・ウィアー著)を読んだ感想です。



 著者がウェブサイトで連載したものが元となっており、それがKindle本化、映画「オデッセイ」へとなった作品です。
 映画版は私も見に行きました。

映画感想/オデッセイ/2D字幕版

 この小説の感想としては主人公マークの語り口がいい感じでした。
 基本、彼の独白、あるいは口語的な記録が元になっている本作ですが、若者(?)っぽい軽妙な語り口が楽しかったです。
 英語版もこんな感じでしょうか?
 私には分かりませんがいずれにしろ邦訳した方がいい仕事していました^^

 ストーリーはもう知っていたのでほとんど感慨はありませんでしたが、映画版から省かれていたローバーの転倒やヘルメスクルーのもし食料が届かなかった時の覚悟は良い刺激になりました。
 やはり小説の方がじっくり書ける分、苛酷さがよく出ているな、みたいな^^;

 あと専門用語や外国人名覚えにくい><
 これは私のおつむの問題ですね(笑)
 あと施設の描写はよくイメージできなかったので映画先に観ておいて良かったかな。


 Kindle版

火星の人
火星の人
posted with amazlet at 16.03.01
早川書房 (2014-09-30)
売り上げランキング: 24



 文庫版2冊

火星の人〔新版〕(上) (ハヤカワ文庫SF)
火星の人〔新版〕(上) (ハヤカワ文庫SF)
火星の人〔新版〕(下) (ハヤカワ文庫SF)

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する