樹梟堂日記

自営業者の日記です。最近はまっているのはマンガ「トーキョーグール:re」「亜人」「ジョジョリオン」「ハンターハンター」、スマホゲーム「Fate/Grand Order」「クラッシュロワイヤル」です。

宇宙で一番多い元素

 それは圧倒的に「水素」です。



 水素と聞いてあなたは何をイメージするでしょうか?
 空気、水、軽い、爆発する・・・
 このようなものだと思いますが、どれも正解です。
 しかし、もっともっと多くの秘密を持っています。

 宇宙のはじまり、ビッグバンから30万年後、自由に飛び交っていた原子核と電子が合わさり、最初の元素である水素が生まれました。
 水素は原子核と電子が1個ずつでできるので、他の元素より生まれやすいです。
 なので水素は宇宙で圧倒的に一番多い元素になりました。

 元素というのは電子の数が2、10、18個で安定するという性質があるため、電子をその数字にするために元素は電子を手放したり他から調達したりします。
 水素というのは電子が1個しかないので2個になろうと他の電子を取り込もうとするため非常に反応しやすく、それが爆発しやすい性質の元です。

 水素の爆発と言うと1937年のアメリカでのヒンデンブルク号の爆発が有名です。
 水素で浮く飛行船だったのですが、この事件から飛行船には水素の次に軽いヘリウムが使われるようになりました。
 (しかしこの飛行船の爆発は水素のせいではなく外皮の発火という説もあります)
 こうして危険視されてきた水素ですが、最近はトヨタが燃料電池自動車の燃料源として水素を利用し、水素ステーションの整備を進めています。

 さてその水素にはもっともっと重要な役目があります。
 それは太陽を輝かせること。
 太陽、いや夜空に輝く星のほとんどは水素が核融合することで輝いています。
 核融合とは原子核同士が反応することで、反応前よりも重い原子核が生まれる反応で、水素は太陽のような恒星の重力で核融合を起こしヘリウムとなり、その時のエネルギーで光を発しているのです。

 他には少し前に北朝鮮が水爆の実験をしたと話題になりましたが、それにも水素が使われています。
 二重水素、三重水素という、普通の水素に中性子を1つ2つ加えられたもので、これが熱核反応というものにより原爆の何十、何百倍ものエネルギーを生み出すのです。


 宇宙で一番多い元素である水素。
 それにはここで紹介したものよりももっと色んな特徴がありますが本日はここまで。
 人類がこの物質をどこまで利用しきれるのか楽しみであります。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する