樹梟堂日記

自営業者の日記です。最近はまっているのはマンガ「トーキョーグール:re」「亜人」「ジョジョリオン」「ハンターハンター」、スマホゲーム「Fate/Grand Order」「ポケモンGO」「クラッシュロワイヤル」です。

[日記]祖母94歳/Fate/GO荊軻育てている/今年の抱負見返す

 今週のまとめ。
 いつもの19時のランニングですが、終えると空に満天の星が浮かんでいました。
 またこの季節が来たか・・・と言う感じ^^;

 今年もあと残り4ヶ月か・・・

 そうそう、床屋でまた坊主にしました。
 でも家族は誰もそのことを言ってくれなかったのが寂しかったです^^;



■■■


◆祖母94歳

 祖母の誕生日がありました。
 プレゼントはいつものごとくスーパーで買った果物で、今回は切れているジューシーなメロンです。
 祖母に食べさせたら喜んで・・・かどうか分かりませんが、自分からフォーク使ってよく食べてくれました。

 でも尋ねても自分がどう思っているか言ってくれません。
 めっきり口数が少なくなって寂しい限りです><


 弟に自動車借りて図書館経由してスーパーに言ったのですが、メロンと一緒にステーキ肉を買いました。
 久しぶりに食べたくなって^^

 でも折角のステーキ肉ながら筋を切ったり焼く時間を測ったりと言った手間をかけませんでした。
 適当にやったらどんな味なのかと気になってやったのですが、生焼けになってしまいます。
 それでも肉の部分は美味しかったのですが、筋の部分はまったく噛みきれなくてずっと噛む羽目になりました。
 ステーキ焼く時は少なくとも筋を切ることにします(笑)

ステーキ生焼けレア筋切っていない

 そのステーキの柔らかそうな部分をまた焼きなおして一口大に切り祖母にあげました。
 なのですが、それでも祖母は噛み切れないようで吐き出してしまいます。
 せっかくのステーキなのに残念^^;


 夜は刺し身や鳥唐揚げ、そしてショートケーキといういつもの誕生日の夕食です。
 私は上に青いゼリーが乗ったカップケーキ(?)にしました。
 祖母はチョコレートケーキです。


◆Fate/GO、荊軻(ケイカ)育てています

Fate/OG荊軻第三段階必要アイテム

 現在は第三段階目指してエトナ火山の「沸き立つ大地」でゴーストランタンというアイテムを集めています。
 荊軻ははっきり言ってしょぼいのですが、最初に出たサーヴァントですし、サポートを見る限り他にメインで使っている人がいないようなのでこれは私が第三段階まで導かなくてはいけない!
 ・・・という使命感で育てています(笑)

 でも彼女の宝具(必殺技)は即死攻撃で失敗すると1000ダメージ食らうというものなのですが、フレンドの方のランサーのクーフーリンを使わしてもらったら失敗してもノーリスクの即死攻撃を持っていて衝撃を受けました。
 しかも彼は回避スキルまで持っているとはね・・・
 控えめに言っても荊軻より優れているなと^^;

 しかし元々の英霊になる逸話を考えるとしょうがないです。
 クーフーリンは文句なしの英雄なのですが、荊軻は唯一の大仕事をしくじっていますからね^^;

 やっぱり私が育てなくては(笑)


Fate/OG荊軻、メフィストフェレスなど

 これが現在のパーティーです。
 荊軻が左端なのは他の人のサポートに使ってもらうため。
 ちょこちょこフレンドポイントが入っているのできっと使ってもらえているのでしょう^^

 その隣がメフィストフェレスというキャスターなのはケイカを進化させるためのゴーストランタンというアイテムをゲットするためで、出てくる敵がキャスターに弱いアサシン属性なのでした。
 ボイスがいい感じにイカれていて結構お気に入り^^

 他のメンバーは単なる絆ポイント稼ぎですね~。


◆今年の抱負見返す

[日記]新年の抱負/今週は年末年始/今日はしぶんぎ座流星群

 うーん、できていない^^;
 海外旅行する余裕なんてまったくないよ、とほほ・・・

 筋トレやランニングは意志で量を増やせるのですが、面倒で増やしていません。
 いや、「散歩」をするようになったかな(笑)

 ワインチーズナッツも余裕がなくて探求は絶えています。
 余裕、余裕が欲しい!

 当時やっていたブログももう止めてしまった。
 結局今年も新しいことを始めてはすぐ止めてしまう、という失敗パターンを繰り返してしまった。
 なので、今やっていることは大事にしていくつもりです・・・


 それで最近影響を受けた記事がこちら。

自分の考え方を変えたければ、まずは環境を変えるべきです

 住む場所は気軽に変えられないので、とりあえずパソコンを置いている机で食事するのは止めることにしたのでした(笑)

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する