樹梟堂日記

自営業者の日記です。最近はまっているのはマンガ「トーキョーグール:re」「亜人」「ジョジョリオン」「ハンターハンター」、スマホゲーム「Fate/Grand Order」「ポケモンGO」「クラッシュロワイヤル」です。

Kindle読書感想/神々の歩法 創元SF短編賞受賞作(宮澤伊織著)

 Kindleで「神々の歩法 -Sogen SF Short Story Prize Edition- 創元SF短編賞受賞作」(宮澤伊織著)を読んだ感想です。



 90円と安いこと、どこかで受賞したこととレビューの評判が良いことから読んでみました。
 短編なので気軽に読めます。


 時は2030年、突如現れた元はウクライナの農夫である怪物に中国の首都北京は奪われてしまう。
 中国政府は上海に臨時政府を置き、アメリカに依頼して最強のサイボーグ部隊を派遣してもらう、という話し。

 一見硬派なSFのように思えますが、この著者は元々ラノベ作家だそうで萌え要素が散りばめられています(笑)
 その時代の兵士は萌えアニメでリラックスするという設定がいいですね~。
 ただしそれは日本製ではなくハリウッドと台湾で作られたものだそうですが^^;


 話しの方はコンパクトにまとまっており、シリーズ化もできそうな設定が良いのですが、SFガジェットがあまり十二分に使われていたように思いませんし、なぜ北京だったのかも謎だったのが残念です。
 やっぱり2030年という近未来の雰囲気を軽く匂わせるような雰囲気が興味深かった作品でした。


神々の歩法 -Sogen SF Short Story Prize Edition- 創元SF短編賞受賞作
東京創元社 (2015-06-29)
売り上げランキング: 38


PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する