樹梟堂日記

自営業者の日記です。最近はまっているのはマンガ「トーキョーグール:re」「亜人」「ジョジョリオン」「ハンターハンター」、スマホゲーム「Fate/Grand Order」「クラッシュロワイヤル」です。

Hulu/12モンキーズ字幕シーズン1ネタバレ感想

 Huluで見た「12モンキーズ」字幕シーズン1の感想です。
 ネタバレ注意!



 今回登場した伏線が次回すぐ明かされる、という感じでスピーディーに展開が進むので夢中になって最後まで視聴しました。
 ウイルスの元は未来人ということは予想がついていましたが、まさかあの展開になるとは・・・凄いですね^^;

 コールとラムゼはやる夫とやらない夫みたいなイメージで見ていました。
 特にラムゼの坊主頭とクールなところがやらない夫のイメージにぴったりです^^
 その彼らがまさか、あるべき歴史とあるがままの現在の代表として対立し合うことになるなんて、なんともドラマティックで感心せざるをえません。
 やはり全体と個、どちらを優先すべきかというのは普遍的な問いなのでしょう。

 ラストはてっきりラムゼが古代のヒマラヤに飛び、ウイルスを保持する遺体になって終わりかと思ったら、まさかキャシーが未来に飛ぶとは・・・
 いや考えてみればラムゼがウイルス保持していたら普通に生活できなかったのですが(笑)
 そして歴史に逆らえないまま終わるのかと思ったら、コールとラムゼの友情がわずかに変えることが泣ける(泣)
 シーズン2が楽しみでなりません^^


 しかし突っ込みどころも多々あり、私が一番そりゃないやと思ったのは1987年の東京でコールがリーランドにつかみかかって12モンキーズのことを問いただすことです。
 そんなことする必要ある?
 無言で抹殺すればあのウイルスがばらまかれることはなかったのかと^^;

 それはそれとして、時間を超えなければ会えなかった人との再会、影響し合う人間関係、意外な歴史改変などタイムトリップものの魅力を十二分に楽しませていただきました^^


 シーズン2は来年放送予定とのこと。
 まだまだ先だな、と思ったものの考えてみればもう半年が経てば来年です。
 やばい、しっかり活動していかないと今年を無為に過ごしてしまう!と危機感を覚えるのでした^^;


12モンキーズドラマ版感想
前:Hulu/12モンキーズ字幕シーズン1第1話ネタバレ感想


 Huluは「ハピタス」を経由して登録すると600ポイント(1ポイント=1円)もらえるのでおすすめ!

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス




PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する