樹梟堂日記

自営業者の日記です。最近はまっているのはマンガ「トーキョーグール:re」「亜人」「ジョジョリオン」「ハンターハンター」、スマホゲーム「Fate/Grand Order」「クラッシュロワイヤル」です。

hulu/ブレイキング・バッド字幕シーズン5ネタバレ感想

 Huluで見た「ブレイキング・バッド」字幕シーズン5の感想です。
 ネタバレ注意!



 ガンで余命わずかな化学教師ウォルターが家族のために大金を残して死のうと奮闘するところからスタートしたこの物語ですが、進んで行く内に自己の欲と保身のために手を汚して行く利己的な男の物語になりました。
 そしてこのシーズン5はその総決算です。

 スタートは髪が生え、年月が経ったことを思わせるウォルターが武器を買うところからスタートです。
 この将来とシーズン4から続くハゲウォルターの話しが交互に流れる構成なのですが、どうやってそこに行き着くのか気になってしょうがありません。

 一体誰と戦うつもりなのか、マイク?それともハンク?まさかジェシーと?
 などと夢中にさせられてしまった見事な構成です^^


 ハンクに正体ばれてからの急展開がやばかったですねー。
 告白ビデオを作るということからついに自首するのかと思ったら、まさかのハンク黒幕のでっちあげだったのは最高!(笑)
 ウォルターの悪知恵ここに極まれりでしたね^^

 ラストは因果応報、最低限ながらも責任を果たしてウォルターは散って行きました。
 家族のためと言っていたけども実は自分のためだった、と告白したのがこの作品のハイライトでしょうか。
 死を前に自分が押し込めていた願望を発露させることにしたのでしょう。
 ハンクがいつか言っていたように、世の中のためにその才能を使うべきだったのでしょうが、それを思いつかないところがウォルターらしいところだったのかもしれません^^;


 そしてウォルターはジャックに差し出したジェシーを最後は助けたのは一体なぜでしょうか。
 きっとハンクを失ってしまうことへの憤りから差し出すことにし、家族を失ったことからの空虚感を埋めるために助けたのだと思います。
 どこまでもウォルターは身勝手なのですが、それもまたこの物語の魅力でしたね。


 いやはや、ここ2週間毎夜この物語を見ていましたがついに終わってしまい寂しい限りです。
 冴えないおじさんが修羅場を死に物狂いに駆けまわって成り上がっていく様は滑稽ながら最高に格好良かったですね。
 メタンフェタミンの帝王ながらもひょろいおじさんっぽい演技のミスマッチさがまた魅力的でした^^

 さてこのHuluで次はどのドラマを見ようかな。
 またこの「ブレイキング・バッド」クラスの作品に出会えることを楽しみにしています^^


ブレイキング・バッド感想
Hulu/ブレイキング・バッド字幕 シーズン4最終話まで感想


 Huluは「ハピタス」を経由して登録すると600ポイント(1ポイント=1円)もらえるのでおすすめ!

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス




PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する