樹梟堂日記

自営業者の日記です。最近はまっているのはマンガ「トーキョーグール:re」「亜人」「ジョジョリオン」「ハンターハンター」、スマホゲーム「Fate/Grand Order」「クラッシュロワイヤル」です。

ダンまち外伝 ソード・オラトリア4/大森藤ノ著/感想

 「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているのだろうか外伝 ソード・オラトリア4」(大森藤ノ著)の感想です。



 今回は本編3巻のアイズがベルに稽古つけたりベルのミノタウロス戦に当たります。
 その裏話だけで終わるのかと心配していましたが、それ意外にも盛りだくさんで大変読み応えがありました^^

 アイズとベルの稽古の裏でレフィーヤがヤキモキしていました。
 やっぱりこの「ソード・オラトリア」では彼女がヒロインだなーなんて思います。
 ベルにライバル宣言するところが可愛すぎ!^^

 そしてアイズとオラリオ唯一のレベル7、「猛者」オッタルとの激突がありました。
 最強の名に恥じない強者っぷりが素敵^^


 私がこの外伝で一番楽しみにしているのは本編ではいまだお目にかければダンジョンの下層の様子なのですが、今回はついにゼウスファミリアによる最高記録の59階まで行かれました。
 でも私はそれ以前の52~58階までの方がインパクトを感じます。

 58階から52階を狙撃する竜がいるなんて!

 この本編とまったく違う異次元っぷりが素敵^^
 ゲームっぽい小説だなと思っていましたが、このような敵はおそらくゲームにはいないでしょう。
 とてもわくわくしながら読ませていただきました。


 あとベルのミノタウロス戦がアイズだけではなく、ロキファミリアの主力たちにも影響を与えたということに感動!
 私だったら59階の絶望的状況でひたすら逃げるだろうなと考えながら読んでいただけに、フィンのあの激励には非常に心打たれました^^
 本編主人公のガッツが他人に偉大な功績を積ませる・・・
 素晴らしい外伝だなと思いました^^


◆Amazon限定 スペシャルショートストーリーリーフレット

 ティオネとレフィーヤの夜這い物語でした(笑)
 椿と一緒に寝れるフィンがうらやましー^^


ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか感想
ダンまち外伝ソード・オラトリア感想
前:ダンまち外伝 ソード・オラトリア3/大森藤ノ著/感想
次:ダンまち外伝 ソード・オラトリア5/大森藤ノ著/感想





 6月12日発売



PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する