樹梟堂日記

自営業者の日記です。最近はまっているのはマンガ「トーキョーグール:re」「亜人」「ジョジョリオン」「ハンターハンター」、スマホゲーム「Fate/Grand Order」「ポケモンGO」「クラッシュロワイヤル」です。

漫画「トーキョーグール」無印&「:re」2巻まで一気読み感想

 ネットカフェで「東京喰種トーキョーグール」全巻と続編の「:re」2巻までを読んだ感想です。


 私はニコニコ生放送でアニメ版「トーキョーグール」の1期無印と2期「√A」の両方を見ましたが、2期はアニメオリジナル展開とのことで原作がどうなのか気になっていました。
 終わり方もなんともはっきりしないものだったので、続きも読みたかったです。

 その感想としては、まず主人公金木の行動原理が分かりやすくて良かったです。
 アニメ版2期では、金木の内面の描写がさっぱりだったので断然原作の方が好きですね^^;

 ただ原作の金木があんていくから離反する時、トーカを置いてヒナミは連れて行くところは疑問です。
 トーカの身を案じて、より幼いヒナミを戦いに引き込むのは何故!?って感じでした^^;


 それでアニメ版ではカットされていた金木VS有馬。
 我らが主人公金木と作中最強キャラの有馬のバトルはニコ生のコメントで言及されていて気になっていたのですが、これが何とも幻想的で、そして耽美的でもありたまりませんでした。

 金木のこれまでの全てを否定されるかのような有馬の圧倒的な蹂躙。
 なんとも残酷なのですが、その崩壊の運命がまた美してくてなりません。

 直前に金木がヒデと再会しており、そのヒデがどうなったのか分からなかったのもポイント高いです。

 金木が万全の状況ではなかったのが残念ですが・・・
 それは「:re」に期待しましょう(笑)

 あと無印ラストなのですが、善良そうな脇役っぽいキャラたちが、実はいかれた集団のメンバーだったと明かされるのもインパクトありました。
 当時ネットで連載終了を非難している人がいたことは知っていましたが、なるほど、この引きで終了というのはありませんね。

 なにはともあれ「:re」が始まったので良いのですが・・・


 そして続編「東京喰種トーキョーグール:re」は主人公は金木兼から佐々木琲世に、そしてグール側からCCG(人間)側に視点をバトンタッチしています。
 前にKindleかどこかで無料で1巻読めた時に読んでいたのですが、無印版読んでから改めて読むと色々感慨深くてたまりませんでした^^

 金木がいつ出てくるのかと思ったのですが、既に登場していたことが分かった時はインパクトありましたね・・・
 他の馴染みあるキャラもちょびちょび登場してきて、あのキャラたちがどうなったのか、どう関わって来るのか楽しみでなりません。
 なぜわざわざ「:re」にタイトル変更したのか疑問だったのですが、この刷新ぶりを見ると大成功だったと思います。

 気になる続き、3巻からは自分で買いたくなりました^^


トーキョーグール:re感想
次:漫画感想/東京喰種トーキョーグール:re3巻/石田スイ


東京喰種―トーキョーグール―:re 2 (ヤングジャンプコミックス)
石田 スイ
集英社 (2015-03-19)
売り上げランキング: 42




PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する