樹梟堂日記

自営業者の日記です。最近はまっているのはマンガ「トーキョーグール:re」「亜人」「ジョジョリオン」「ハンターハンター」、スマホゲーム「Fate/Grand Order」「ポケモンGO」「クラッシュロワイヤル」です。

東京旅行記2日目

150407f.jpg
(青山霊園から青山通りに向かって)

 2015年4月3~6日の東京旅行の2日目の記録です。


ネットカフェでの睡眠
電気消えないし布団ないから安眠とはいかず、細かい睡眠を何度も繰り返す感じ。
前者はアイマスクがあれば気にならなくなるかもしれません。
後者についてはブランケットが無料で借りれることに後で気付きました^^;

そしてWiFi無料だったのでスマホのバックアップ取りたかったのですが、充電プラグつけてロックしていれば自動でできると言われても実感なし。
なので検索したら手動でバックアップできることに気づきました。
しかし、今パソコンでiCloudを見てみると、写真は手続きがいるようでされていないようです。
残念。

トイレで髭そってからシャワー。
シャワーの利用は受付で申請してから15分無料です。
ここに無料のカミソリと歯ブラシがあったことが微妙でしたがまあいいかと。
いつもの朝シャンを旅行先でも出来て良かったです^^


北京語言大学東京校へ
池袋の中華街かを推し進めると噂のこの学校はどんなものかと見に行ってみました。
ようやくついたと思ったら想像より小じんまりしていて拍子抜け。
その正面にある豊島丘女子高等学校の方が私としてはインパクトあったかな。
大通りに面していること、警備員が玄関に立っていることは田舎者には驚きです(笑)

そこで雨が強まったのでスタバの亜流っぽいカフェで雨宿り。
私は普段朝食をとらないのですがこういうおしゃれなお店普段行かないので、美味しそうなサンドウィッチとコーヒーのセットを注文。
こんがりした食パンと生ハム、トマト、モッツァレラチーズのサンドと、卵マヨ和えのサンドが美味しかったです。
やっぱりトマトやレタスが入ったサンドウィッチが好きだな~。
外に傘差す人がいなくなるまでピクロスアプリしていました。


国立競技場へ
池袋駅から新宿、そこから大江戸線で国立競技場駅へ。
その外に出ると国立競技場なのですが、囲いがされており、隙間から覗くとすでにほとんど解体されていました。
隙間から撮影したのですがあまり良い写真が取れずがっかり。
でも新国立競技場が出来るのを楽しみにしています。

私と同じようにスマホでそこを撮影している人が2,3人いました。
やっぱり将来見比べたいという気持ちがあるのでしょう。


赤坂プレスセンターは青山公園?
次は在日米軍の中枢という話しである赤坂プレスセンターなのです。
これも池袋中華街と同じく目を背けたいもののひとつだからこそ行くことにしました。
しかし、グーグルマップの通りに行くとそこは青山公園です。
どういうこっちゃ、軍事的な意味で別のところをマップが指し示すようにしているのかしら、と思いつつそこら辺を適当に撮影。

改めて検索して調べてみると、同じ高さからはそのヘリポートが見えないようになっていたようです。
もっとちゃんと調べてから行けば良かった・・・
私グーグルマップに依存しすぎ><


国立新美術館、ルーヴル美術展
これは漫画アプリで読んだ「オークションハウス」の影響。
そこではフェルメールの「レースを編む女」がキーとなっていたのですが、同じ作者の「天文学者」があるとのことで見に行きました。

そしたらそこはもう混雑していてうんざり。
1600円払っていたのですが人が多くてとてもゆっくり見る気になれませんでした。
係員が並ぶ必要ない、自由に見て行ってくれ、としきりに言っていましたが、並ばないとまともに見れないよ・・・
「天文学者」小さかったな、というのが一番の絵の感想でした。

なので代わりに人を見ることに。
髪を染めないかかるく脱色していた人がほとんどです。
これが日本の美術館をたしなむ人たちかとしみじみ思いました。
そういう人たちは日本にほとんどいないのではないかと思っていましたが、こういう催し物があればたくさん集まるものだなと感心。
こういうことをビジネスに活かしたいですね。

そして最後のルーヴル美術展グッズ売り場なのですが、ネットオークションにあげたらいくらになるかが気になりました(笑)
後で調べてみましょう。

疲れたので雨で濡れていたベンチにタオル敷いて座り、人目が気になりつつも我慢できぬ!とスコーン2つ目を食べました。
徒歩での疲れと人混みのストレスからでたまらなく糖分が欲しかったのです。
こういう携帯食って便利で良いですね~。
昔の欧州人の知恵を感じました(笑)


スタバ六本木店こそ理想のスタバであり理想の都会の様子
でかいビル撮影しながら次の目的地へ。
そしたらスマホのバッテリーがかなり怪しくなってきました。
なのでどこかで充電したいと思っていたところにあったのがスターバックスとTSUTAYAが合体したような、カフェと本屋がかなり密接になっているお店です。

スタバと言えばノマドワーカーに優しいとネットで噂になっていたので入り、店員に尋ねたら快く充電できることを教えてくれたのでコーヒー&クリームフラペチーノを注文して充電できる席へ。
こういうのがブランド効果なのでしょうか、スタバにはIT利用者を支援するという信用があるなーと考えました。
あとフラペチーノはクリーム乗せた冷たいコーヒー飲料という感じなのですが、寒い日なのでホットコーヒーにしておきたかったと後悔^^;

そしてそのお店の様子なのですが、外国人が多くて驚きました。
インド系と思しき親子連れやパソコンを打つ黒人、そしてもちろん白人が何人かいますし英語を話すアジア系もいました。
その様子は私が見たことある中で一番グローバルなのではないでしょうか。
さすが六本木、名高いだけのことはあります。


在日韓人歴史資料館へ
今回の旅行の一番のハイライト、というか一番抵抗があるところです。
日本の民族問題で一番触れたくないところ、みたいな。
でも前に読んだこの記事からいつか行こうと消めていました。

「写真でみる在日コリアンの100年」/Chikirinの日記
在日韓国・朝鮮人の戦後史――「特別永住資格」の歴史的経緯とは
田中宏×鄭栄桓×荻上チキ


上の記事でその存在を知り、下の記事でより行こうと思った、みたいな。
絡まれたらどうしよう、変な団体に加入を強制されたらどうしよう、などと心臓バクバクな思いで入ったのですが当然そんなことはありません(笑)

係りの人は事務的に案内してくれ、客は私以外いません。
 の展示物は過酷な状況の中でも協力して頑張ってきた彼らの気概と生命力を感じさせられるもので、心の贅肉がとれるような思いをしました。
今でも在日韓国人や植民地支配の歴史にはあまり関わりたくないのですが、同じ人間として認めること、あるいは「人間的」な仕組みをどう日本に、そして世界に実装するか、なんてことを考えながら次の目的に向かって歩きます。

改めて「人間」を幸福にする活動をしていきたいと思いました。


首都高速11号台場線(レインボーブリッジ)
次の目的地はお台場を中心とした湾岸地帯です。
そこには多数のオリンピック会場予定地があるのでそこを撮影して2020年に改めて訪れて見比べたいと思っています。

それでグーグルマップにその行き方を聞くと電車を乗り換えつつ訪れる方法を提示されるのですが、電車の乗り換えよりも長時間歩く方がいいなと色々考え事をしつつ行きました。
歩くと当然疲れるのですが、お台場にレンタル自転車屋があるとのことで、それを利用すればと楽観的に行きます。

途中あったのは首都高速11号台場線というお台場と山手線側をつなぐ巨大な橋です。
徒歩でも行けてエレベーターで登ります。
歩くと橋が揺れるので怖くてなりません。
そこで思い出すのは「BLAME!」という超巨大な都市が乱立した世界を描いた漫画です。
その主人公になったつもりで黙々と橋を進んだのでした^^

その橋から出た先のベンチで一休み。
スコーン最後の3つ目を食べました。
やはり巨大な橋を渡るのは疲れるし下の海を見下ろせば「ここから飛び込んだら・・・」と想像して足をすくむ思いをします。
そんな疲れきった体にスコーンのカロリーとほのかな甘さが心に染みました。
ありがとうスコーン!
・・・というお菓子に友情感じる寂しい旅でしたとさ^^;


お台場
お台場で何に驚いたかと砂浜があることです。
色んな人がそこで遊び、さすがに海水浴する人はいませんでしたが楽しそうにしていました。
私もそこを歩き久しぶりの砂浜に子供の頃、両親に連れて行ってもらった日本海を思い心の奥が動くのを感じます。

その先の期待のレンタル自転車屋に到着したのですが、なんとそれはレンタルバイク屋でした。
え~と思いグーグルマップで「レンタル 自転車」で検索したらやっぱりそこが出ます。
自転車をバイクと直訳してしまったのか・・・日本ではバイクが自転車指すことなんてあまりないのに><
これには大いにがっかりし、やる気が一気になくなってしまいました。

消沈しながらフジテレビ前の商業施設へ。
疲れた体をなんとかしたいとお店を物色した結果、クアアイナという高めのハンバーガーショップへ。
アボカドモッツァレラバーガーはアボカドの旨味とハンバーガーから香る炭焼きの風味を大いに堪能しました。
しかし、両隣が楽しそうなカップルでダメージ10000000><


東京テレポート駅から新木場、そして銀座一丁目へ
次は東京ゲートブリッジを目指しグーグルマップに従い移動します。
途中フジテレビ本社前を通り芸能人いないかチェックしますが分かりません。
中に入れるっぽいけどそこまで情熱持てず素通り。

それで東京テレポート駅から新木場駅に行ったのですが、そこからバス乗るにはどうすればいいのか分かりません。
いや、分かろうとする気力がもうありませんでした。
自転車ですいすい移動することを考えていたのでそれがダメになったことが大きな原因です。
今思えばバイク乗れば良かったと思うのですが^^;

新木場駅周辺にもオリンピック会場予定地あるのですが、それを意識する余裕もありませんでした。
できればこの日の内に回るべきところ全て回って翌日はのんびり自由に、その場で行き先を考える旅行にしたかったのですが断念。
もうさっさと次の宿を見つけることにしました。

で、そこから出る電車の路線を見ていたら、銀座一丁目というなんともそそる名前の駅があります。
銀座を見てみるのも良いなと行き、検索して見つけておいたネットカフェに入ってみました。
そしたらそこはシャワーがないとのことで宿には不適当と1時間充電させてもらうだけにします。


きらびやかな銀座
噂の銀座なのですが、なるほど、大通りは非常に明るくて噂に名高いだけあります。
壁面に光の点を当てられて彩られたビルや、窓にマネキンを整然と並べられたビルにセンスを感じました。

そしてこれまた噂の銀座のアップルストアなのですが、中国人ばかりのようで異国語が飛び交っています。
さらに置かれている端末がどれも見慣れない漢字が使われていて中国人の影響力を思い知らされたのでした。
そのお店が中国語にしたのか、中国人客がしたのかは分かりませんが。


銀座ライオン
有名配信者の金バエが通っていると話していたお店で夕食(この店舗かどうかは知りませんが)。
値段が高いので日常的に通えないけども旅行だからいいかと入ります。
そしたらとてもにぎやかですごいなーと思いました。

料理はビールとジャーマンポテト、牛肉の煮込みです。
ポテトは今一でしたが煮込みはハヤシライスの牛肉を高級にしたような感じで大変美味しくいただきました。
こういうお店の常連になれたらいいなですね・・・

でも煮込みの汁をジャケットに垂らして染みを作ってしまった。
洗濯しても落ちない><
染み抜き使わないとな~(泣)


ラーメン屋探してうろうろ
折角の旅行という非日常なので、お酒飲んだ後のラーメンを求めてうろうろ。
とりあえずネットカフェの位置を確認してからさらに探すのですが見当たりません。

もういいかな・・・
と思っていたら前から来たメガネの女性に話しかけられました。
何かと思ったらみかん買わないかということ。
何でも愛媛限定のブランドなのだそうです。
一人で寂しかったこと、そして3個で540円と気軽に払える値段だったので買いました。

一人の夜の寂しい心のスキマを突かれたって感じ。
でも何万円もする絵画とかでなくて良かったかな^^


有楽町駅近くのネットカフェへ
540円もかかるけどもシャワーが使えるのでここに決めました。
寝たいので椅子がない座敷のようなクッションの席です。
ここでは漫画を読まず、パソコンで翌日のための調査したりYouTubeで動画見たりして過ごしました。
これでは実家と変わらないなと自分自身に呆れたり^^

歯磨き忘れて翌日のシャワー時に。
眠りは浅く、何度も寝たり起きたりを繰り返しました。
寝心地の悪さと店を出る時間を寝過ごしたくないという意識でしょう。
それで起きるたびに無料自販機のお茶を飲んだりします。

友達同士やカップルで楽しそうに話し合う人たちがいたのは羨ましかったです。
ネットカフェに泊まるからと言ってけして不幸な人である、ということではないのですね・・・
いや結構なことですけど^^;


朝ネットカフェから出て夜寝床のネットカフェにたどりつくまで。

150407b.png

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する