樹梟堂日記

自営業者の日記です。最近はまっているのはマンガ「トーキョーグール:re」「亜人」「ジョジョリオン」「ハンターハンター」、スマホゲーム「Fate/Grand Order」「ポケモンGO」「クラッシュロワイヤル」です。

ダンまち外伝 ソード・オラトリア3/大森藤ノ著/感想

 「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているのだろうか外伝 ソード・オラトリア3」(大森藤ノ著)の感想です。



 時系列は本編2巻の後半です。

 レベル6になったアイズは前にも増して大暴れするのでした。
 相変わらずこのシリーズはアイズ凄い、そしてみんなに愛されている!というものです(笑)

 なのでアイズどうこうよりもベータやレフィーアなど彼女に魅せられたキャラの方が興味深かったです。
 やっぱり同僚に先にレベルアップされたら悔しく思ったりするのだなぁと。
 アイズは良くも悪くも完成しているキャラなので彼女にかき回される周りの方が面白く感じるのでした。


 そして他の色んなファミリアやキャラが出てくるのも良いです。

 特にヘルメスファミリアのアスフィなんかは本編でも登場していたのですが、その別の面、ファミリアの首領としての彼女が見れたのがまた興味深く、本編の世界を広げる良い外伝だなと思いました。


 ラストはダンジョンの深層59階を目指すことに。

 やっぱり正統なダンジョン探索は本編よりもこちら外伝の領分なのだなと思いました。
 本編ではもうアポロンや黒竜といった伏線が出ているので、あちらではそのダンジョンの外側、世界全体に関わることをやっていくのでしょう。

 どちらのシリーズも先が楽しみです^^


◆限定版付属小冊子

・はいむらきよたか描き下ろし「外伝ソード・オラトリア」豪華キャラクター設定集Ver.2
・月刊ガンガンJOKERコミック出張版「外伝ソード・オラトリア」漫画:矢樹貴
・大森藤ノ書き下ろし短編小説「My Memory」

 このような内容になっております。

 漫画はロキがファミリアメンバーに異世界の制服を着させるパロディです。
 ベートやガレスまで・・・(笑)

 「My Memory」はティオナが主人公のものです。
 彼女の幼少時代とファミリア同士の仲は付き合っている他のファミリアとの関係にも左右されるものだなと興味深く思いました。


◆Amazon限定 スペシャルショートストーリーリーフレット

 フィンとリヴェリアがメインです。
 どちらも成熟したキャラなので、その大人な会話とラブコメ要素(?)のギャップが素敵でした^^


ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか感想
ダンまち外伝ソード・オラトリア感想
ダンまち外伝 ソード・オラトリア2/大森藤ノ著/感想
ダンまち外伝 ソード・オラトリア4/大森藤ノ著/感想





 来年4月16日発売!
 私はもう予約してあります^^



PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する