樹梟堂日記

自営業者の日記です。最近はまっているのはマンガ「トーキョーグール:re」「亜人」「ジョジョリオン」「ハンターハンター」、スマホゲーム「Fate/Grand Order」「クラッシュロワイヤル」です。

読書/無限記憶/ロバート・チャールズ・ウィルソン著/感想

 「無限記憶」(ロバート・チャールズ・ウィルソン著)の感想です。



40億年におよぶ地球の時間封鎖を解くと同時に、謎の超越存在“仮定体”は巨大なアーチを出現させた。それをくぐった先は、未知の惑星“新世界”。人類がこの星と自在に行き来をはじめて30年が過ぎたある日、失踪した父親を追って一人の女性が“新世界”に降り立つ。一方、この地に不思議な能力をもつ少年が生まれ、大陸を謎の降灰が襲った。“仮定体”の謎にせまる『時間封鎖』続編。

無限記憶 (創元SF文庫)より


 前に読んだ「時間封鎖」の続編で3部作の2作目に当たります。

 前作がとても面白かったので読むことにしたのですが、スケールダウンしているという思いをどうしても抱いてしまいます。
 前作は訳分からない存在と人類の総力戦の様相を示し、さらにはこの現実との地続きな印象がさらに燃えるものにしていました。

 しかし、こちらはその両方を失ってしまったことで魅力も下がり、一番良かったのは前作のメインの3人のその後が描かれていたことだと思います。


 今回は仮定体の謎に迫るというのがテーマだったのですが、私としてはひたすら謎が深まったように感じたのであまりカタルシスは感じませんでした。

 でも仮定体は文明の廃墟に興味があるという謎は魅力的で次回作がより楽しみになり、早く手元にあるそれを読みたくてうずうずしております。


 今回の主人公の3人ですが、全員意外性のない結末に落ち着いた感じがします。

 前作の3人に比べたらページ数少ないせいもありますが、人間描写が薄くてあまり印象に残りません。
 しかし、リーサは旅の途中は不満ばかりで印象良くなかったのですが、最後は自立した人間と言いますか、成熟したような様子で良かったと思います。


 どうにも前作より全ての質が落ちた印象なのですが、3部作の2作目なので結末への橋渡し役として仕方がないのかもしれません。

 今回得た謎が明かされるのを期待してすぐに3作目を読み始めます。
 あらすじが1作目並に訳分からないのでとても期待しているのでした^^


無限記憶 (創元SF文庫)
無限記憶 (創元SF文庫)
posted with amazlet at 14.10.23
ロバート・チャールズ・ウィルスン
東京創元社
売り上げランキング: 38,809


PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する