樹梟堂日記

自営業者の日記です。最近はまっているのはマンガ「トーキョーグール:re」「亜人」「ジョジョリオン」「ハンターハンター」、スマホゲーム「Fate/Grand Order」「ポケモンGO」「クラッシュロワイヤル」です。

ハンターハンター №343 勧誘 ネタバレ感想

 週刊少年ジャンプ29号収録分のハンターハンター「№343 勧誘」感想です。
 連載再開3回目。


◆はじまりはレオリオから


 まさかのレオリオ登場!
 そして12支んへの加入要請とは・・・

 正直そんなに意外ではありませんでした。

 選挙編でジンに認められた彼ですからこういうことはありえるかと。
 経験が未熟なのでありえないという気持ちもありましたが、考えてみるとネテロファンクラブ的な12支んに自分勝手なハンターたちの誰がなりたがるのかというのもありました(笑)

 一度断ってからお願いする、というのがレオリオらしいというか何と言うか。
 男前だのー。


 それにしてもチードルが主任医師ということは、当然医師免許持っているということですよね?

 よくみると彼女の首元に赤十字のマークみたいな下の棒が長くない十字架マークがあります。
 へぇって感じ。

 医師と言えばもしかしてウィルスハンターのサンビカ登場ある?
 ハンター協会総出のプロジェクトだし暗黒大陸の未知のウィルスの研究に、とか。
 選挙編で多くの読者を魅了した彼女、私も気になっていたので期待しています^^


 十二支んのもうひとつの空席にレオリオが推薦したい人がいるとのこと。

 まさか・・・まさか・・・


◆ジンVSパリストン・・・?


 ジンとパリストンの対話。
 やはりパリストンは戦闘力今一だそうで肉体的なバトルにはなりませんでした。

 パリストンのキメラアントをハンター協会に向けるか世界に向けるか、の選択は、ハンター試験を受けさせて協会を乗っ取るか世界から面白い奴を見つけるかということらしい。
 選挙編でのハンター試験のうんぬんと前回のキメラアントを協会か世界に向けるうんぬんが私の中でバラバラだったのだけど、これでひとつにまとまりました。

 パリストンが語る彼の人に憎まれたり愛するものを傷つけたくなる気持ち、なんとも寂しい人間だなと思いました。
 そのためにネテロやジンのような強者を必要としているのだなーと。


 ジンVSパリストンのバトルがなかった代わりにあったのは、ビヨンド一派の魚屋さんみたいな男はジンよりかなり格下で、ジンに拳向けられただけで自分がなす術もなくボコボコにされたイメージを受けていたこと。

 そしてジンの見立てではビヨンド派随一の実力者はロボ子だそうだ。
 人間なのかどうか分からない彼女ですが、制約と誓約でロボットの振りをしているのかもしれませんね。


 ジンがビヨンド派№2へ。

 今までになく感情を見せるジンと内面を語るパリストン。
 見ごたえがありました。

 2人一緒にどうするのか期待。
 前回は蛇の十二支んの方がビヨンドと一緒に暗黒大陸に行って彼の仲間を撃退しつつ厄災をクリアしなくてはいけない、と言っていましたが、そこにジンが加わる?

 十二支ん側にゴンも加わって親子対決とかして欲しいですね^^


◆12支ん最後の一人は・・・


 場面はマッチョなごろつきがいるやばそうな事務所、訪ねてきたビザイストムの口から出た名前は・・・

 クラピカ!

 やはりレオリオが推薦したのはクラピカだったか。
 クラピカがねずみでレオリオがいのししが合うように思います^^

 クラピカはマフィアのボスになっているようですが犯罪はせず用心棒と賭博(合法)で稼ぎ納税もしている組なのだとか。
 あとこの№2でアジア人っぽい人ってノストラードファミリーで一緒に働いていた人かな?
(追記:6月17日)
 彼はリンセンという名前がありました。


 ネオンやノストラードはどうなったのだろう。
 せめてネオンは除念してあげていて欲しいな。
 センリツとも袂を分かったのだろうか、うーむ。


 ビザイストムを追い出すべくごろつきが襲い掛かるがそれを念能力で封じる。

 “密室裁判(クロスゲーム)”

 警告した内容に違反したものを拘束できる能力です。

 今回ジンとパリストンの能力を拝めるかと思っていたらビザイストムのでした。
 でも久しぶりの念の登場で嬉しかったです。
 選挙編からろくに念能力出てこなくて(“大和撫子七変化(ライダーズハイ)”ぐらい?)もう新能力は出てこないのかと心配していました(笑)

 警告→拘束の二段階で発動するのはウェルフィンの“卵男(ミサイルマン)”を連想させます。
 なので問答無用の攻撃に弱そうだ。


 ビザイストムに緋の目のことを持ち出されたクラピカは緋の目となってぶち切れ気味に話す。

 この人前からこんなだったっけ?^^;
 もしかしてゴンキルレオ以外だとこうなっていたのかも。
 そう言えばハンター試験でクモの刺青見せた奴を緋の目で一発KOしていたっけ。


 あと「断る 私は忙しい」のコマのクラピカの絵のタッチが他と違うような気がする。

 髪、顔の中身がとても繊細に描かれているような。
 冨樫先生が書いたとは思えない(笑)
 クラピカは奥さんが書くことがあるという噂がネットでまことしやかに語られているがもしかして?


 クラピカは緋の目の持ち主を教えることを条件に十二支んのメンバーになる。

 その持ち主とはカキンの第4王子ツェリードニヒ=ホイコーロで同じ船に乗ることに。
 船の中でクラピカどうするのだろう、まさか襲うとかないよな^^;

 正直クラピカが暗黒大陸に関わる理由なんてないから今回のエピソードにも登場することはないと思っていました。
 それがこうやって関わらせるとか意外です。
 彼の博識が暗黒大陸攻略にどう役立つか楽しみです^^


 クラピカと言うとやはり旅団、クロロとの関係だ。

 今回旅団は関わって来るだろうか。
 クラピカ打倒のためにカキンの第4王子から緋の目を盗みに来ると予想しておこうか^^

 あるいはクロロが直接彼に緋の目を売るような友達だったりとかどうだろ。


 遂に突き止めた同胞の“眼(ゆくえ)”・・・



◆巻末コメント
 机の上が雑然としてきたので片付けあら逆に物が見つからなくなりました。

 今回もあるあるネタ。
 でもやっぱり片付けないと物落としたりして面倒くさくなるんですよね。
 そこら辺やっぱりバランスかな。


ハンターハンター連載感想 / ハンターハンターコミックス感想 / 
ハンターハンター総集編感想 / ハンターハンター新アニメ版感想 / 
ハンターハンター劇場版感想 / ハンターハンター関連書籍感想 / 
ハンターハンター元ネタ小説


 カラー版のお試し版、全て無料です。







PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する