樹梟堂日記

自営業者の日記です。最近はまっているのはマンガ「トーキョーグール:re」「亜人」「ジョジョリオン」「ハンターハンター」、スマホゲーム「Fate/Grand Order」「クラッシュロワイヤル」です。

ダンまち外伝 ソード・オラトリア2/大森藤ノ著/感想

 「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているのだろうか外伝 ソード・オラトリア2」(大森藤ノ著)の感想です。


 本編1巻、5巻以来の感想で、外伝1の感想は書いていません。


 前回は本編を補完しながらアイズの活躍と葛藤、そして神々の陰謀を描いていました。

 さて今回はどうかと言ったらその傾向が一層深まり、アイズの両親の知る者やギルドトップの神ウラノス、ダンジョンの魔物の秘密を握る謎の胎児が登場しました。
 これなら本編より大きな物語が展開されてしまうんじゃないの!?本編の存在かすまない?という印象を持ちました(笑)

 でもあとがきによると「バイオハザード2」の主人公2人それぞれの行動が補完し合う形をイメージしているそうで、実は本編と外伝、どちらも本編ということなのでしょう。
 本編5巻のベルが使った謎の大剣の正体もここで明かされましたし。


 感想としてはやっぱり本編の方が好きですね。

 アイズは元々強いので成長性が薄く内面の葛藤に焦点が当てられているのがちょっと爽快感がないというか。
 周りからの高感度もマックスなので人間関係の発展も薄いですし(笑)

 やはり「ダンまち」の魅力はベルの急成長振りが大きな魅力なのでしょう。
 チート呼ばわりされてもやっぱりそういうのって多くの人が好む要素なのだと再認識しました。


 キャラとしてはロキとベートがより好きになりました。

 ロキはやはり切れ者だけあって、ヘスティアとは別の魅力がありますよね。
 ギルドの深層にあっさり言ってしまうところはさすが過ぎる^^;

 ベートは本編1巻でのことから印象悪いのですが、今回の悪態つきながらもしっかりロキを守る様子はキュンとしちゃいますね(笑)
 一人置いてけぼりは可哀そうでしたし・・・


 今回の時系列は本編1巻の後から2巻前半のところまで。

 アイズ単独の階層主撃破が今回のハイライトでした。
 この分なら次回はベルとの修行編でしょうか。
 いや、その前にリリ救出のためのベルに知られずのお手伝いがありましたね。

 どんな風に描かれるのか楽しみにしています。


 そうそう、Amazonでの購入者だけのショートストーリーがありました。

 買うショップによって話しの違いがあるのですが、Amazonのはティオナ、ティオネのものでした。
 ティオネ→ベル→アイズのラブコメる予感!?


ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか感想
ダンまち外伝ソード・オラトリア感想
ダンまち外伝 ソード・オラトリア3/大森藤ノ著/感想




PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する