樹梟堂日記

自営業者の日記です。最近はまっているのはマンガ「トーキョーグール:re」「亜人」「ジョジョリオン」「ハンターハンター」、スマホゲーム「Fate/Grand Order」「クラッシュロワイヤル」です。

HUNTER×HUNTER総集編 Treasure11 キメラアント<Ⅴ 遺伝>(冨樫義博著)ネタバレ感想

 「HUNTER×HUNTER」総集編のキメラアント編、ついに最終巻です。
 №319~339収録、特典はカバーは「グレイテスト・ジン」。
 選挙編、ゴンとキルアの進む先は・・・

 長かった今回の毎月1冊の総集編発売もこれで終わりです。
 寂しいな~。

 今回の表紙のキルアは見覚えがないので冨樫先生がこのために描き下ろしてくれたのだと思いますがどうでしょう?
 そうだったら嬉しいです。

 期待していた連載再開の報告もなし。
 じっくり待ちます(泣)

(追記:4月22日)
 連載再開が集英社のサイトで発表されました!
 嬉しいけどこのタイミングならここでやってもええやんけ!という気持ちです^^;



 今回の選挙編、魅力的なキャラがたくさん登場していて楽しいです。
 どんな結末になるかわくわくしていたあの頃を思い出して懐かしく思いました。

 コアラの「全は一、一は全」みたいな話しですが、色んな人たち、あるいは人と蟻、すべてはつながって世界を構成しているということでしょうか。
 色んな物事がかみ合って、それを読みきったパリストンがいた選挙編を象徴しているような話しだと総集編でまとめて読んだことでまた感慨深く思いました。

 ゴンキルの別れも切ないですが、いずれまた互いに大きくなって再会する日を待っています。


 ビヨンド編はなし、か。
 今回の一連の総集編はキメラアント編だから当然と言えば当然だけど。

 この巻を読んでチードル、パリストン、ジンのトリオが非常に良いと思ったのでその三角関係と言うか、あるいは三国志みたいな、そんな物語が読みたいなと思っています。
 真面目な優等生とインテリ悪人(でも根は悪くない)、そして粗野で無骨で自分勝手だけど根は優しい放浪男の絡みは萌えますので(笑)

 たった1話だけのビヨンド編はゴンキルではなく彼ら大人組の物語のようでしたのでその方向で行って欲しいですね~。


アイコンビスケ[1]
HUNTER×HUNTER総集編 感想12345678910


HUNTER×HUNTER総集編 Treasure 11 (集英社マンガ総集編シリーズ)
冨樫 義博
集英社 (2014-04-18)
売り上げランキング: 86


PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する