樹梟堂日記

自営業者の日記です。最近はまっているのはマンガ「トーキョーグール:re」「亜人」「ジョジョリオン」「ハンターハンター」、スマホゲーム「Fate/Grand Order」「ポケモンGO」「クラッシュロワイヤル」です。

HUNTER×HUNTER総集編 Treasure9 キメラアント<Ⅲ 死線>(冨樫義博著)ネタバレ感想

 「HUNTER×HUNTER」総集編、ついにキメラアント編が発売しました。
 №261~290収録、特典はカバーは「クライング・メルエム」。
 討伐隊VS護衛軍、第1ラウンド!



 今回はゴンたちが宮殿に突入したところからネテロVSメルエム開始まで。

 やはり死闘の連続でテンション上がります。
 今までよりも読み返す回数が多くなりました。


 名シーンがありすぎるのですが、一番好きなのはイカルゴVSブロヴーダです。

 基本的に主人公やそれに殉じるキャラクターは生き残るものですがイカルゴ的な脇役はその低いですよね。

 敵も王、護衛団はターゲットですから戦うのは当たり前として、ブロヴーダはそうではありません。

 なので色んな意味で他より未知の要素が多く、しかも念よりもハイテク機器の戦いというのも他とは毛色が違って好きです。
 強大な敵を罠に上手くはめるというのは達成感とかスリルが最高ですよね!^^

 結果が分かっていても繰り返し読んでは感動していました。


 あとユピーの変形のデザインも好きです。

 目玉ぎょろぎょろ触手いっぱいのも一見めちゃくちゃに見えてすごくバランスの良いデザインにほれぼれ。

 あと最初の体積の膨張の絵も迫力満点で最高です。
 2回目以降はちょっと単純なのになってしまいますけど^^


 ここら辺は現在テレビアニメでやっているところです。

 新潟県は東京などよりもちょっと放送が遅れているのですが、前回はたしかキルアがゴンから離れ、イカルゴの進行方向の敵を倒しに行ったところだったと思います。

 なのでこれからの上記2つのシーンが凄く楽しみですね~。
 期待しています^^


 次回の特典カバーはネテロとのこと。
 では今回の総集編シリーズの最後である次々回のカバーは誰?

 護衛団は前回のピトーのと一緒にされていたし、コムギは今回のメルエムのカバーに載っていました。

 まさかゴンさんということはないよな・・・?


アイコンビスケ[1]
HUNTER×HUNTER総集編 感想1234567810




PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する