樹梟堂日記

自営業者の日記です。最近はまっているのはマンガ「トーキョーグール:re」「亜人」「ジョジョリオン」「ハンターハンター」、スマホゲーム「Fate/Grand Order」「ポケモンGO」「クラッシュロワイヤル」です。

MASTERキートンReマスター感想/第6話「オオカミ少年」

 「MASTERキートンReマスター」QUEST6「オオカミ少年」の感想です。

 今回も巻頭カラーです。
 人気があるからだとすると嬉しいですね^^

 今回の舞台はロンドン、ロイズに勤める女性の依頼で彼女の父親を探します。


 いまだに東西冷戦をネタに現代を描くことができるのかと驚き!

 まあ人類史に残るあれだけのことなのだから当然と言えば当然か。
 それに現在現役の人からしたら親の代ですから当然関係ありますね。
 考えてみれば私の両親も戦後、東西冷戦の時代に育った人だった^^;

 イギリスの諜報部隊の内情も少し描かれており、ネタ的にもとても美味しい回でした^^


 偶然なのですが、今日読んだブログ記事とテーマがそっくりなことにもまた驚かされました。

英語貧民たちのルサンチマンを煽るアンチ・グローバル・マッチョに喝采! プロブロガーのPlaybookとは?<Market Hack>

 ブロガーは上手く仮想敵を作れる人が成功するという話し。
 今回のオオカミ少年の話しにそっくり!

 コミュニティには敵が必要だというのは普遍的なことだということなんですかね~。


 そして本当に重要なのは、最後のページにてついに百合子登場!

 何歳だか知らないけどとても若々しい表情をしています。
 前作無印「MASTERキートン」の連載時期は1988年から1994年、あの頃は18歳辺りだから現実の時間の流れとリンクしていると仮定すれば大体37歳辺り!?
 そうは見えないけどな^^;

 まあ兎に角嬉しいですね~。
 前作ではキートンの妻で百合子のお母さんが結局登場しませんでしたが、今作では百合子がその役を担い、最後まで登場しないと思っていましたので。

 次回2人はどんな会話をするのでしょうか。
 前作から今作の間に一体何があったのかも分かるでしょう。
 あー楽しみ^^


 次回は来春とのこと。

 来春は次の春という意味の他に正月も指すらしい。
 今までの連載では大体2~5ヶ月ごととかなり幅があるのでどちらなのかは分かりません。
 しょうがないから元旦からビッグコミックオリジナルのサイトを毎週チェックするか^^;


MASTERキートンReマスター感想
MASTERキートンReマスター感想/第5話「女神とサンダル」
MASTERキートンReマスター感想/第7話「マルタ島の女神」




MASTERキートン BD-BOX [Blu-ray]
バップ (2011-11-23)
売り上げランキング: 34,640

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する