樹梟堂日記

自営業者の日記です。最近はまっているのはマンガ「トーキョーグール:re」「亜人」「ジョジョリオン」「ハンターハンター」、スマホゲーム「Fate/Grand Order」「クラッシュロワイヤル」です。

小説/ダークゾーン 上下(貴志祐介著)ネタバレ感想

「戦え。戦い続けろ」プロ将棋棋士の卵・塚田は、赤い異形の戦士と化して、闇の中で目覚めた。突如、謎の廃墟で開始される青い軍団との戦い。敵として生き返る「駒」、戦果に応じた強力化など、奇妙なルールの下で続く七番勝負。頭脳戦、心理戦、そして奇襲戦。“軍艦島”で繰り広げられる地獄のバトル。圧巻の世界観で鬼才が贈る最強エンターテインメント!


 「ダークゾーン」上下巻(貴志祐介著)のネタバレ感想です。


 夢オチかよ・・・

 これが読み終わった直後の感想です(笑)
 どんな結末かとわくわくしていたらこれでがっかりしました。

 しかし、少し落ち着いて考えると最後まで夢オチだと確信させなかったところが貴志祐介の腕だなと思い直します。

・将棋の棋士の夢ならなぜ盤が四角のマス目ではなく六角形のマス目なのか。
・理沙の死亡と軍艦島で発見された死体。理沙が主人公に殺された?なぜ!?
・序盤に明かされるこのゲームの設定したゲームクリエイターの存在。こいつが作った世界?
・勝負の合間に挿入されている主人公の過去、このゲームみたいな夢を見るような人に思えなかった。

 などなどの描写から誰かが作ったゲームの世界で主人公の脳みそコードでつなげられているんだろうな、主人公が理沙を殺した理由を明かすため?などと考えながら読んでいました。

 いや~してやられた^^

 こんな緻密な設定の夢を見るのも、将棋の棋士として人生を賭けた過去があったからだなと後から納得しました。


 七番勝負はネットの感想見て回ると意外と評判悪いのですが、私は非常に楽しかったです。

 両軍で役割は対称になっているが、容姿や名前が異なる「駒」たち。
 別に両軍でまったく同じにしても良いのにそういう工夫をするのが作者偉い!^^
 漢字にカタカナの怪物の名前振るのも心くすぐられます(笑)


 勝負自体も勝負師2人の手の読み合い、奇襲・奇策が飛び交うのに興奮させられました。

 一度の勝負ではないので、失敗を活かして手を磨いていくというのが良いですね~。
 なんかパラレルもの、ループものの物語みたいで好きです。
 あの時ああしていれば、みたいな。

 でも考えてみれば将棋やチェスはそのまんまループものの物語と言っても良いかもしれませんね。


 私も読みながら色々手を考えていました。

 序盤のバシリスクにレムール取らせたのは本当に悪手か?
 こちらもサラマンドラにアーキーをさっさと取らせて良いのでは。
 飛行ユニットは互いに1匹ずつなので、大砲ユニットの1時間能力制限を受けてもさっさと取って活用したら良いのでは。

 味方と敵がぶつかった時、すぐ敵の背後にこちらの持ち駒を出して狩る。
 敵がそれに対して駒を打ってきたらすぐ先ほど取った駒を出してそいつらをすぐ狩る、を繰り返すというのはどうかと。
 すぐ敵も対処考えるのだろうけどさ^^

 リーサル・タッチをゴーレムでターロスに投げつけちゃダメ?(笑)

 などと楽しませてもらいました。


 さてこのダークゾーンという世界、これは一体何なのか。

 主人公の独りよがりな夢、と言えばそれまでなのですが、なぜ単なる将棋ではないかと言うと、奥本には将棋では敵わないという意識があったからでしょうね。
 結末近くで奥本はプロ棋士になり、主人公は夢敗れ、奥本にはもう将棋で敵わないことが明かされていました。

 大切な人たちがなぜ駒になっているのか。
 これこそが主人公のエゴイストな性格の部分で、大切な人でさえも単なる自分が栄光にたどりつくための「駒」でしかないと認識していたからでしょう。

 主人公が理沙を大切に思うのは失った過去、まだプロ棋士への道が閉ざされていない頃の象徴だったからでしょう。
 それ以前は理沙をコンプレックス解消の道具として思っていた描写がありましたし・・・


 まあこの物語の主人公塚田はけして良い人間ではありませんでしたね^^;

 突然謎の死のゲームに放り込まれるという設定から「クリムゾンの迷宮」を連想し、それと比較してこちらを酷評する感想が多かったです。

 それは主人公の魅力の差というのが大きかったのではないでしょうか(笑)

 罪深い独りよがりな男の業による無間地獄がこの物語だと思えば、私としてはとても納得できるのでした。



 昨日「クリムゾンの迷宮」のネタバレ感想を書きましたが、それと「ダークゾーン」の間に「青の炎」を読みました。
 主人公秀一は「悪の教典」のハスミンの弱い版という感じ(笑)
 ハスミンに比べると甘すぎる、やっぱりハスミン最高や!というのが私の感想です^^


ダークゾーン 上 (祥伝社文庫)
貴志 祐介
祥伝社 (2013-09-02)
売り上げランキング: 11,778


ダークゾーン 下 (祥伝社文庫)
貴志 祐介
祥伝社 (2013-09-02)
売り上げランキング: 8,348


PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する