樹梟堂日記

自営業者の日記です。最近はまっているのはマンガ「トーキョーグール:re」「亜人」「ジョジョリオン」「ハンターハンター」、スマホゲーム「Fate/Grand Order」「ポケモンGO」「クラッシュロワイヤル」です。

[日記]母腹痛で休み/軽く山登り、写真10枚

 両親の寝室の前に母のスリッパがある・・・
 どういうことかと思ったら母が腹痛で休み。

 昼に私と祖母で食べる雑炊をついでに母にもあげ、洗濯機の中の洗濯物を干す。
 両方とも感謝されて良かった。

 洗濯物は妹とやる分を折半しようと思ったのだが、部屋の外で夕食の準備をする話をしていたのでこれは1人でやらなくてはと思いなおしました^^;

◆軽く山登り

 前に軽く登って気になっていた山に行ってきました。
 あれからもう1ヶ月以上経っていたのか、早いな~。

 あの先に何があるのか気になっていたし、引き篭もりがちな毎日なので何か思い出が欲しくての挑戦です。

 服装は一応帽子に長袖長ズボン。
 靴は山登り用なんてものはないので普通の靴。
 もう何ヶ月も使ってないリュックを背負い、中に自販機で買ったスポーツドリンクを入れ、タオルで汗をふきふき登りました。

 1人で登って遭難したらどうしよう、怪我して動けなくなったらどうしよう、という心配がありましたが、ここで止めたらまた平坦な、起伏のない日常とどうしようもない将来だぞ、と自分を叱咤して行きます。

 それで写真を写メでぱしゃぱしゃ撮ってきました。


山登り/ダム前

 ここが入り口のダムです。
 この左脇の道から入っていきました。

山登り/国道

 ダムの前方上方に見える道。
 あの両端はトンネルにつながっています。
 多分国道。

山登り/ダム上

 ここはダムを上から撮った図。
 草が邪魔で上手く撮れない・・・

 うーん、やっぱり「ワンダと巨像」思い出す^^


 そこから前に来たところを通り越し、ずんずん登っていきます。
 斜面が急になり、ふくらはぎが吊りそうw

 軽く階段状になっていたので人の往来があるのだなと安心する反面、もしここでかち合ったらどうしよう、それがやばい人だったらどうしよう、ここは私有地だと怒られたらどうしよう、などと不安で頭がいっぱいでした。
 臆病すぎだろ自分^^;


 そんな時、山の上の方からカツーンカツーンと金属がぶつかる音が。
 誰かいるのか、何をしているのだろう、と思って見てみると・・・

山登り/鉄塔作り/作業員

 作業員が鉄塔を作っていました。
 上の方に2人ほどいるのですが見えますかね?

 多分電気を送る鉄塔だと思います。
 山を見渡せば他に結構あるのですが、今まであって当然と思い、作る人のことなんて考えたことがなかったのでその様子が凄く新鮮でした。


 そこを少し行くと分かれ道がありました。
 左に行くとその鉄塔の方に行くようなので、反対の右側に行くことに。
 自分ひとりと思っていた山に正体不明でない人がいたのにはすごく安心できることでしたが、別に会って話したいわけではないので避けることに。

 今思えば引きこもりがちな自分としてはそういう人たちと少しでも触れ合ったり、話したりしたら色んな意味で勉強になったのにと少し惜しいですね。

山登り/鉄塔麓

 そこを進んで行くと別の鉄塔が。
 そうか、この私が通っている道は鉄塔の設置や整備のためにあるのかと合点が行きました。

 山菜とか猟はされないのかしら。
 わからん。


 その先を行くともう下り道です。
 あらら、山を越える道はあちらかしらと急な土の浅い階段を降りながら思いましたが引き返すことが面倒なのでそのまま行きました。

 ブンブン飛び回る蜂が怖いし、クモの巣や蚊がうざくてしょうがありませんから^^;

山登り/木にペットボトル/虫取り?

 これはクワガタか何か昆虫を捕まえるものかな?

山登り/鉄塔と稲刈り後の田んぼ

 遂に人里に出ました。
 上は鉄塔、下は刈り終えた田んぼです。

 本当に我が地元は鉄塔が多いな・・・色んなところにありますが改めて思います。
 他の場所もこんなものなのでしょうか?


 さてこの道はどこに行くのかと思いながら砂利道を進みます。
 砂利道ながらきれいに整備されているので変なところには行かないだろうという安心はありました。

 その砂利道の上でかまきりを食べるかまきりや、砂利道から横の斜面を器用に体をくねらせながら登る蛇がいました。
 かまきりは撮ったのですが、気持ち悪いのでそく削除^^;
 蛇は苦手でスルー。
 蛇とクモ、大抵の人間はどちらかが平気でもう片方がダメ、と言われていますが、私はクモの方が平気かな、どちらかというと^^;

山登り/上から見る国道と町

 町に出ました!
 馴染み深い地元の町です。

 そうか、そこにつながっていたのかと感慨深い。
 馴染み深い場所を別の角度から見るととても新鮮でいいですね~^^


 1時間登り先が見えなかったら下る予定だったのですが、1時間で登り降りをしてスポーツドリンクを飲むほどではありませんでした。
 たっぷり汗をかきましたけど。

 ドリンクは自室に戻ってからパソコン見ながら飲むのでした^^

国道下トンネルの隠されたエロ本

 おまけ、と言っては難ですが、いつも前を通り過ぎるだけの国道の下の歩き専用のトンネルを通った時に見つけたエロ本。
 左にあるのは雪かきの道具と草木をまとめたようなもの。
 これを外から見るとエロ本があるのが分からないんですよね~。

 一体どこの小僧がこんなことしているのやら^^;


 なんともしょっぱい山登りでしたが、これはこれで刺激があって良かったかな。
 ビジネスのアイディアがいくつも思い浮かんだのは何よりの収穫だったと思います。

 また気が向いたら今度は左の道を行ってみたいですね~。


PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する