樹梟堂日記

自営業者の日記です。最近はまっているのはマンガ「トーキョーグール:re」「亜人」「ジョジョリオン」「ハンターハンター」、スマホゲーム「Fate/Grand Order」「クラッシュロワイヤル」です。

[日記]稲刈り手伝い5日目/「新世界より」読了

 いい天気でした、快晴!
 しかし祖母は寒いと言う^^;
 血流が弱いからかしら。


◆稲刈り手伝い5日目

 最後の田んぼ、あと少しで終了というところまで。
 籾を機械で取るのが思ったより進まなかったせいだそうです。
 それを手掛ける母と妹が遅くまでぐーすか昼寝してたから^^

 泥の中を歩くのしんどい。
 すぐ転びそうになります。
 そんなところすいすい歩ける父は凄いな、と思ったらあれは田んぼ用の長靴なのだそうです。
 なーんだ^^;

 そんな中さくさく鎌で稲を刈っていく。
 面倒ではあるが、やっぱり稲刈りしてる!という感じで結構達成感がありました。

 父から稲刈り終了と伝えられ、次は稲から籾を機械で取る作業なのだけど、もううんざりしていてそれをやる役に母がいるからいいかと黙って勝手に終わりにしてしまいました。
 別にそれを咎められはしなかったけど、一言断るべきだったなと後で猛烈に反省。
 なんというか、自分の対人関係やその経験の薄さが出た幼稚な行動でした。
 もうしわけなし。


 今日は寝たきりの祖母を除いた家族全員が動員された日なのですが、下の弟は午前は出たのに午後は受験勉強で手伝いませんでした。
 一度に家族全員が働くことはなかったのが惜しかったなと少々残念。
 でもやっぱり多くの家族とひとつの目的に向かって働くのは心が温かくなり良いものだと思いました。

 ちなみに上の弟は機械で籾をとられた稲の残りをエンジンのついた荷台で運んで所定の位置に捨てに行きました。
 たしかあそこは腐葉土か肥やしを作るところ、あれを元にしていたのか~。


◆「新世界より」読了

 一昨日に読み終えました。

 感想はなんと言ったら良いのだろう、なんともとらえどころはない感じ。
 大きな危機を乗り越えたのだが、けして平和な、憂いのない世界になったわけではない。

 まあ今回の事件で得た知見と枠を飛び越えて行こうと試みる主人公に期待、というわけで^^;

 いやでも作りこまれた世界観や、迫り来る危機の予感などにとてもわくわくさせられた作品です。
 おすすめ!^^


新世界より(上) (講談社文庫)
貴志 祐介
講談社 (2011-01-14)
売り上げランキング: 2,935


新世界より(中) (講談社文庫)
貴志 祐介
講談社 (2011-01-14)
売り上げランキング: 2,691


新世界より(下) (講談社文庫)
貴志 祐介
講談社 (2011-01-14)
売り上げランキング: 2,124


PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する