樹梟堂日記

自営業者の日記です。最近はまっているのはマンガ「トーキョーグール:re」「亜人」「ジョジョリオン」「ハンターハンター」、スマホゲーム「Fate/Grand Order」「クラッシュロワイヤル」です。

[漫画]「ジョジョリオン 4巻」(荒木飛呂彦著)ネタバレ感想

 ジョジョの奇妙な冒険第8部「ジョジョリオン」4巻の感想です。

 この巻でもやっぱり
 「前巻からのバトル続き→定助の謎がまたひとつ明かされる→新たなバトル、次の巻に続く!」
 という流れ。これが「ジョジョリオン」のリズムか~。


 ここでも目立つのはやっぱり「喪失」、あるいは「奪われる」という要素。
 主人公定助はもちろん、前巻から登場のホリィも奪われた被害者だ。
 そして敵スタンド使いや定助を敵対視している常秀は「奪われる」ことをとても恐れている。

 1巻の第1話では“これは「呪い」を解く物語”と言われていたが、その「呪い」というのは「所有」、あるいは「自意識」という概念などではないかと思いました。

 今回明かされた定助の秘密もそれらの概念を無効にするようなものでしたし。

 なのでこの漫画の結末は・・・人類補完計画?(笑)
 個と個の間にあるものを取り去り融合する的な。「境界」をまたぐ的な。


 定助の涙が心に来る巻でした。
 荒木先生はよくこんな過酷な運命を背負わせるなと。
 凄いね^^;

 前巻登場の謎のスタンド2体、そのスタンド使いの正体は順当なものでした。
 敵の方の「ボーン・ディス・ウェイ」はその人でなかったら常秀だよなと思っていたのだけど違ったか。
 常秀のスタンド、次の巻で登場なるかしら。気になる。

 吉良吉影のスタンド、1コマだけ登場。
 ビジュアルはやっぱりキラークイーンだったけど、やはり一巡した世界ということで微妙に能力が違います。
 腕を交差してなんかおしゃれな手の形しているのが格好良い^^
 やっぱキラークイーン好きだな~。


 最後に次の巻にまたぐエピソードですが、こういうの好き^^
 「カツアゲロード」という名称と奇妙な現象、第4部っぽくて良いですね~。
 定助と常秀というまさかのコンビというのもいい!(即効で裏切られましたけど)
 同年代の男同士で町の謎を解きに行くってシチュエーションは大好物ですよ~。

 あと、常秀は敵視する定助によく自分がカツアゲされたことを話せますよね。
 普段強がっているくせにいざとなるとひよって、平気で敵視する相手に頼ってしまう・・・そういう人は嫌いだけど(同属嫌悪かも)こいつは何だか憎めないw
 哀しそうな顔がなんとも味があるせいかも^^


ジョジョリオン感想
[漫画]「ジョジョリオン 3巻」(荒木飛呂彦著)ネタバレ感想
[漫画]「ジョジョリオン 5巻」(荒木飛呂彦著)ネタバレ感想


ジョジョリオン 4 (ジャンプコミックス)
荒木 飛呂彦
集英社 (2013-05-17)



PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する