樹梟堂日記

自営業者の日記です。最近はまっているのはマンガ「トーキョーグール:re」「亜人」「ジョジョリオン」「ハンターハンター」、スマホゲーム「Fate/Grand Order」「クラッシュロワイヤル」です。

[日記]エヴァQとオズの魔法使い/祖母から/本購入とラーメン食べに

◆ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q、ブルーレイ&DVD予約開始

 こちらが私の感想です。

「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q」ネタバレ感想

 読み返すととりとめなさすぎるひどい文章で恥ずかしいのですが^^;
 まあそれだけ訳分からない、呆気にとられた展開だったんだよなともう懐かしく感じています。






 それと少し関係ある話題なのですが、「オズの魔法使い」を今日買って読みました。

オズの魔法使い (新潮文庫)
ライマン・フランク ボーム
新潮社 (2012-07-28)
売り上げランキング: 28,315


 3月に公開される映画「オズ はじまりの戦い」のせいでしょう、4,5種類のバージョンが平積みの台に置かれていました。
 その中で一番最初に手に取り、絵柄が気に入ったのを購入。


 なぜ「エヴァQ」と「オズの魔法使い」が関係あるかと言うと、ニコニコ生放送で岡田斗司夫さんが「エヴァQ」のラストからそれに続く「シン・エヴァンゲリオン」が「オズの魔法使い」であると指摘したからです。

 ネタバレになるのですが、「エヴァQ」のラストのアスカがドロシー、シンジが勇気のないライオン、綾波が心のないブリキだそうです。
 じゃあ脳がないかかしは?
 エヴァ、でしょうか。
 あるいは首を爆破されたカヲル君。
 そして南の魔女がシンジのお母さんでゲンドウがオズ、なんてね^^


 それで読んだ感想なのですが、よくこんなとりとめないエピソードをつらねたもんだなというもの。
 そのエピソードひとつひとつが何を表しているのかさっぱりです。

 でもメッセージとしては、大切なもの、自分が欲するものはすでに自分が持っている。冒険すること、苦難を乗り越えることでそれに気づくことができるよ、ということでしょうか。
 全体のテーマとしてはジンと来るものがありました^^

 「シン・エヴァンゲリオン」はどうなるのでしょう。
 「オズの魔法使い」では勇気のないライオンはドロシーを無事送り届け、森の王になれました。
 そこから考えるとシンジは小さなコミュニティの指導者になってハッピーエンド、ってことかしら。

 まあ考えてもしょうがない。楽しみに待っています^^


◆祖母から

 祖母から小遣い2万もらう。
 まあ毎日世話しているのだから当然というところ。

 だがふと思う。
 お金をもらっているということはプロということなのではないか、と。

 まあ親に言われた通りちゃんとやっているのだから問題はない、が、どうせならもっと祖母に喜んでもらいたい。

 どうすれば喜んでもらえるのか。
 前に手作りのお菓子で絶賛いただいたっけ。
 また簡単なお菓子を作ろうかしらん?


◆本購入とラーメン食べに雪の中外出

 先月初めて言ったラーメン屋に再び。今度は辛くない奴。
 いや~やっぱり上手い!チャーシュー、麺、スープ、みんな合格です^^

 歩いて結構かかるのが難ですが、近所の今までのお気に入りより美味しいです。
 近所の方は来月一番人気らしいメニューを食べてまた行くかどうか考えよう。


 地元の本屋へ。
 お菓子の歴史の本が欲しかったがなくて残念。やっぱりAmazonか電車で行く大きな本屋か。

 上記に書いたように「オズの魔法使い (新潮文庫)」を、それとともに「江戸将軍が見た地球 (メディアファクトリー新書)」を購入。
 面白そうで楽しみ^^

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する