樹梟堂日記

自営業者の日記です。最近はまっているのはマンガ「トーキョーグール:re」「亜人」「ジョジョリオン」「ハンターハンター」、スマホゲーム「Fate/Grand Order」「クラッシュロワイヤル」です。

MASTERキートンReマスター感想/第4話「ハバククの聖夜」

 「MASTERキートンReマスター」QUEST4「ハバククの聖夜」の感想です。

 今回は無印キートンでもお馴染みのIRAネタ。
 IRAと戦った元刑事の老人の下に無知な日本のテレビ局員のせいで暗殺者が送られてきます。


 圧倒的不利な状況を打開する多くの人に知られざる知恵、旧約聖書ハバクク書、そして仲が悪い犬・・・全く関係ないかと見えたそれらが最後には調和するこの構成が見事。

 「Reマスター」はかなり期間を空けて連載されていますが、その分中身が濃くて面白いですね。
 そういうところは「HUNTER×HUNTER」と似ているな、なんて思いました。あちらは次回の予定を出さないのでこう言っては浦沢さんに失礼でしょうけど^^


 日本人が今回の疫病神だったのが悲しかったです。

 よく日本人は国際感覚がないだの、幼稚だのと言われているのを体現したようなキャラでした。
 元刑事の老人のやせた険しい顔とこのテレビ局員のぽっちゃりとしたしまりのない顔のかけ離れた様子が切なかったです。

 でも逃げずに最後まで付き合ったのは偉い!
 そして彼をやんわりと非難しつつも手伝わせることで償いをする道を与えたキートンはやっぱり最高のヒーローだと思いました^^


 前回衝撃的な報告をもたらした百合子でしたが、今回も名前だけで姿を現しません。
 やはり無印キートンの別れた妻のポジションでずっとこの調子なのでしょう。
 作中から読み取れる情報からすると、キートンのように考古学の発掘をやり、母のように出世しているようです(笑)


 その代わりと言っては難ですが、太作なる百合子の愛犬が登場。
 名前と見かけからして太平じいちゃんの愛犬太助の子供っぽいですね。

 はじめ太助だと思い、やっぱり太平じいちゃんは亡くなって引き取ったのか・・・なんてちょっとしんみりしちゃいましたけど、太助じゃないなら生きている可能性がまだあるなと嬉しく思いました^^


 次回は来年ゴールデンウィークとのこと。


MASTERキートンReマスター感想
MASTERキートンReマスター感想/第3話「マリオンの壁」
MASTERキートンReマスター感想/第5話「女神とサンダル」




MASTERキートン BD-BOX [Blu-ray]
キートン動物記―MASTERキートン/番外編 (Big comics color special)

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する