樹梟堂日記

自営業者の日記です。最近はまっているのはマンガ「トーキョーグール:re」「亜人」「ジョジョリオン」「ハンターハンター」、スマホゲーム「Fate/Grand Order」「クラッシュロワイヤル」です。

「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q」他のブログ・サイトの感想

 他の方の「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q」の感想を読んだ感想です。

 私のネタバレ感想はこちら

楠木坂コーヒーハウス
 ※記事個別のページがないので時間が経つと見れなくなります。

 大体感想は同じ、というか大筋は同じだけどより深く、簡潔に分かりやすく書かれている感じですかね^^;

綾波を助けるために「破」で男気を見せたシンジだったのに、「世界がどうなったっていい!」と叫んだのが裏目に出たのか、結局サードインパクトを誘発。世界は崩壊を迎え、多くの人間が死に絶えたのが今現在というわけです。


 そんなこと言ったんだっけ。自分本位な行動だけでは得られる結果が得られないということかな。

 ビジネスの勉強しててマネタイズは「自分×他者×世界」だ、と語られていたのを見たことあるのですが、この場合「世界」への配慮が0だったため、その乗算の答えも0になってしまったということになります。

 次回「シン」は自分と他者、世界が調和してハッピーエンド!となるのではとこの記事を見て思いました。

 「シン・エヴァンゲリオン劇場版:||」の表記が「ヱヴァンゲリヲン」から「エヴァンゲリオン」に戻っているということには不覚ながら気づきませんでした。
 本当に私はにわかエヴァファンです^^;


ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q/感想

 14年という劇中時間が、だいたいTVシリーズのエヴァをタイムリーに体験していた頃から、現在『Q』が公開されるまでのリアル時間とシンクロすることもあり、何やらしみじみしてしまいました。14年分止まったままで、相変わらず自閉的というか引きこもり的というか、そういう自分の自意識の問題に悩み続けているシンジ君に感情移入するか、14年分精神的には時間が進んでいて、すっかり大人になってしまったアスカに感情移入するかは分かれそう。


 あ~あ~あ~・・・なるほど、そういう見方も出来るのか。
 というか、それがオタクを嫌う(?)庵野監督のメッセージだったのですね。

 私は完全にシンジ側で見ていました。
 14年前と今の自分との違い・・・あまりないかも^^;
 なんか無邪気に映画を楽しんでいた自分が恥ずかしくなりました。

 こういう作品の構造を読み解いて伝えてくれる相羽さんの感想はやっぱり面白く、感心させられます。
 彼の「シン・エヴァンゲリオン劇場版:||」の感想もぜひ読みたいのでお互い元気に「シン」公開を迎えられたらいいですね^^


『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』観てきました(ネタバレなし)<ピアノファイア>

 見る前から期待していた内容……の確認に過ぎないのでネタバレというほどではないですが、「コドモとオトナの区別をつけること」が描かれていたことのひとつなのは確かだなと感じました。


 大人があまり活躍しない以外は予想通りだったそうだ。さすが漫画研究家。
 庵野監督の過去作の関連からエヴァの構造を読み解く。なるほど、作家というのは繰り返し同じテーマを描くみたいなこと言われてますものね。


『ヱヴァQ』感想 シンジ君は『Q』で底を打ちました<さめたパスタとぬるいコーラ>

 今までのシンジは被害者だった。でも今回は加害者に。
 今まではシンジはダメでも周りの大人はもっとダメだった。でも今回はシンジはひたすらダメだったけど周りの大人は頑張っていた。

 なるほどなるほど、そういう構造もあったのか。
 というかその気持ち分かるな。自分は大した人間で周りはみんなバカだったと思っていたのだけど、自分こそがバカで周りもバカかもしれないが自分よりよく頑張っている・・・そういうのが分かった時というのは私にもありました。


 いや~シンジの幼さを指摘する感想が多いですね。それに気づかなかった私は自身の幼稚な部分を指摘されたようで気が滅入りました^^;

 たしかに30手前にもなって中学生のシンジの立場で物語を見れないというのはどうなのだろう。
 「シン」はアスカやミサトさんの立場で見れるようなれたらと思いました。もちろん思うだけではダメなのだろうけど。


(追記:11月23日)

https://twitter.com/fladdict/status/271303383179223040

エヴァQで出てくる「エヴァの呪い」ってフレーズ、旧劇場版から14年たっても脱エヴァをさせてもらえず14年前と同じ姿を要求される監督本人の心境をキャラクターに語らせてるのではないかとか思ったり。


 なるほど、あのさらりと出て流されたフレーズ、そういう意味でもとれますね。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ヱヴァンゲリヲン新劇場版Qはガキシンジを完璧に描いた大傑作!(感想)

ヱヴァンゲリオンQを見てきた。 ずっとテンションが高鳴りっぱなし。 私は序や破では、今までと違ったエヴァを見られたことで 「おぉこれが新しいエヴァかぁ」と思ったのに対し、...

失われた何か 2012年11月20日(Tue) 20:13