FC2ブログ

樹梟堂日記

自営業者の日記です。最近のはまりごとは「五等分の花嫁」と「FGO」です。

[日記]昨日妹帰宅/今年初秋刀魚/実存に満ち溢れていて読みふけったブログ

 昨日、夜に妹が帰宅していました。明るい感じで、先々週土曜にすねていたというのはどこ吹く風。
 その理由が私にあったというのは勘違いだったのか、はたまた心の整理をつけたのか謎。
 どうしようもない、妹に尊敬されるよう頑張ろう。


 夕食は今年初の秋刀魚。うまうま^^


◆実存に満ち溢れていて読みふけったブログ

昭和42年生まれ元司法浪人無職童貞職歴無しの赤裸々ブログ

 kawango氏のツイートで紹介されていたブログ記事経由でこのブログを知り読みふけってしまいました。
 すごく赤裸々で実存があふれる現代の純文学だと(いや純文学ろくに読んだことありませんが^^;)。

 このブログは女性に多大に関心があるものの父親に植え付けられた変な倫理観から直接女性にアタックできなかった男性が、無駄な努力(ではなかったと言ってあげたいが)をだらだらと続けた末に40過ぎでようやく見切りをつけ、その心のうちを吐き出すために作られたものです。

 彼のその諦観と後悔、そして自尊心と客観視する自分とのはざまでうめく様子はまさに文学!
 心がひきつけられずにいられませんでした。今年7月以降更新がないので心配です。元気でいてくれたら良いのですが。


 私がこのブログに惹かれたのは、記事の完成度が素晴らしいのはもちろん、経歴は違いますがほとんど人と関わらずに過ごしてきたという共通点があることです。

 例えばこの新年の記事ですが、

今年の目標は外に出ること、女性に積極的になること。この2つを実行しようと思う。

 うわ・・・
 この目標、毎年私が立てては実行できない目標と同じだ^^;

 ひきこもりがち男性だと発想が同じになるのでしょう。せつねー。


 この方のブログ記事を見て思うのは良い指導者、今風に言えばメンターに恵まれなかったことだと思います。
 自分の特性、あるいは欠点が分かっていないのは他人と接していないからでしょう。

 一人っ子で両親が甘やかすけど本質的に子供に無関心なのは良くないですよね。せめてご両親がもう少し積極的に関わってきていたら、と。
 私の両親もそんな感じなのですが兄弟がいた分彼よりマシかと。

 私と上の弟はちょっとダメな方なのですが、妹と下の弟はかなり真っ当に育っております。
 特に妹は中々良い大学に進学し、海外ボランティアにも挑戦して現在就活中とかなりいい感じに育ち私は嫉妬を覚えるほど。

 でもそういう真っ当な生き様を身近で見るため、自分もくよくよしていないで頑張ろうと思えます。


 あと失ったものばかりを追い求めているのが良くないですね。

 今あるもの、頑張れば得られるものを確認し、それに邁進していくことが良いと思います。

「今ここを生きろ」

と彼に言ってあげたい・・・偉そうかもしれませんが。


 将来こういう人を救ってあげられる人間になれたらな、と思いました。
 今はそれよりも自分のことだ。今やっているビジネスの挑戦の仕上げをしなくては。


 2chまとめブログのこのブログについての記事で、「地下室の手記(ドストエフスキー著)を挙げている人がちらほら。
 ひきこもり小説らしい。読みたいな^^

地下室の手記(光文社古典新訳文庫)
ドストエフスキー
光文社
売り上げランキング: 135631


地下室の手記 (まんがで読破)
ドストエフスキー バラエティアートワークス
イースト・プレス
売り上げランキング: 55479


PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する