FC2ブログ

樹梟堂日記

自営業者の日記です。最近のはまりごとは「五等分の花嫁」と「FGO」です。

週刊少年ジャンプ №51 12月1日号 感想

ジャンプフェスタ’09のお知らせが!
12月20日・21日、幕張メッセにて。
「ONE PIECE」「テニスの王子様」「NARUTO 疾風伝」「BLEACH」の声優が来るとのこと。
そして・・・
実写版「ドラゴンボール」の映像を公開!
うわー、見たい!日本で世界最速公開とのことですよ。
主演っぽい人は大人しそうな男性ですね。どういう風になっているか楽しみだなぁ。
ジャンプフェスタ2009 公式ホームページ
ジャンフェスlive!ブログ

HUNTER×HUNTER №287 現状

前号ラストのシーンから。
コムギを治療中のピトー、切れ気味のゴン、「はぁ?何言ってんのこいつ」なプフ。
ゴゴ・・・ゴ”や“ズズズ・・ン”などの擬音はユピーが立てる音だろうか?
風下にいることから移動しようとするプフに、ゴンはそこにいるよう言う。理由はプフが鱗粉を使って人を操れるから。ノヴの情報、役に立っている!!

プフのオーラに心が折れて以来、評価ダダ落ちしたノヴ。今更ですが、ノヴを弁護させてもらいますと、ノヴがプフのオーラを見て心が折れた時は敵地に侵入している時。当然気配を消す「絶」を使っていたはずです。「絶」を使えば、オーラに対して丸裸、無防備になってしまいますので、プフのオーラを見て受ける衝撃も格段のものだったのでは、と思います。プフのオーラを見た後、宮殿を脱出したノヴはゴンとキルアは何で護衛軍(ピトー)のオーラを見て立ち向かう気になれるんだ、と考えるのですが、私はゴンとキルアはその時「絶」を使っていなかったからでは、と思います(笑)。ノヴには、これからどんどん株を上げて行って欲しいものです。

ピトーの口ぞえもあり、留まることにするプフ。ピトーの変化にとまどっている様子。
語尾に「ニャ」をつけなくなりましたものね、「ニャ」と。ピトーが「ニャ」をつけないと、プフも気持ち悪いのかしら(笑)。
「・・・「私」はここを一歩も動かない」と約束し、代わりにそこで起きたことを教えるよう、腰をくねっとさせながら求めるプフ。
鍵カッコつきで一人称を使うことから、分身を放つことは見え見え(笑)。ピトーにそこで起きたことの一部始終を説明させるのも、王の行方をゴンに警戒、口止めされないように教えさせることが目的。しかし、プフの表情を見ると別にばれても良さそうだ。もうやる気満々な顔(笑)。そのすぐ後のピトーの目のアップの絵は何を表しているのだろう。プフ、何もしないでくれ~と思っているのだろうか。ピトーはプフの思うようには動かない気がする。

ところ変わってユピーの戦闘場面へ。
クレーターの中心で立ちすくむユピー、どうも開眼したらしい。自分の感情の爆発ですさまじい肉体変化とオーラの放出を起こすことを操作できる確信を得たとのこと。破壊と構築の同居を肉体で表現!という芸術っぽいフレーズの先は・・・変なおっさんが左肩についとる!!その口からにゅっとしたなんだか生々しい触手。頭はとんがって右腕が鎌になっているケンタウロスになってしまった。これがユピーの怒りの形・・・ようわからん。さくさくナックルやモラウの煙を切ってゆくが、「オッケー オッケー ハズレオッケー!!!」とのこと。ユピー楽しんでいる様子。キルアにぼこられて神妙になった時、なんか思慮深い、大人になった気がしましたが、今の破壊を楽しむ様子を見るに、どんどんクズっぽくなっていくようですね(笑)。王への忠誠も今は前ほどあるのだろうか。ジャンプ45号の

ここでの心境の変化が 信じがたい選択へとユピーを誘うが

というのは、王の元から去って、自分探しの旅にでも行きそうだ(笑)。

ユピーが気付いていないこと,、2つ。
“なぜ 相反する感情が同時に成り立つか”
なんででしょう?そもそも、普通の人は相反する感情が同時に成り立つことってあるのでしょうか。
ユピーの中に、蟻としての人格と、その前の魔獣としての人格があるとか。
さっぱりなので明かされる日を大人しく待とうと思います(笑)。
“己の現状”
度重なる爆発や変形でユピーのオーラはかなり消費されているとのこと。変形にもオーラ使っていたのか。もともと持った変形能力を「強化」していたのか、オーラを使って肉体を「操作」していたのか・・・私は性格から、ユピーの念の系統は「強化系」を押します。
そんなこんなで、ユピーがオーラの消費を最低限に抑えても、3分50秒後に念はナックルの能力に封じられてしまうとのこと。イケイケ状態のユピーがオーラの消費を抑えるわけないでしょうから、それより早く封じられてしまうでしょう、ナックルにオーラを返却しなければ・・・。ナックルのやばくなりそうですね。

そして、ついに来ました!!
会長と王、見開きで再登場です!!!
宮殿で激闘が繰り広げられている間、ずっと飛んでいたようですね。

ゼノの龍頭戯画に座り地上を眺める会長に、龍の腕に尾を巻きつけ、腕組みして前方をにらむ王。王は空を行く時は尾を巻きつけるというこだわりがあるのかしら。威厳のため?
龍頭戯画が消滅し、平気の実験場に降り立つ2人。
会長に何故闘うか問う王メルエム。負けると決まっているのに闘うつもりの会長が不可解なそうだ。
前は人間を家畜以下と思っていたが、今はわずかに価値のある人間がいると思っている。会長もコムギと同じく価値があるので、歯向かうのをやめるなら許してやってもいい、と語る王。
それに対し、会長は自分だけ助かるわけには立場上できない、と。
ウソだろ(笑)。無理と聞いたら余計燃えるのがハンターって奴では。会長が王と戦うのに立場とか関係ない気がしますよ(笑)。

「少女ファイト」が“2008ブロスコミックアワード”大賞を受賞!!(マンガがあればいーのだ。)
こちらの記事によると、日本橋ヨヲコ先生が「HUNTER×HUNTER」を楽しみにしているそう。そのコメントには、プロの人の目にはそう映るのか、と感心。ネットでは色々ネタにされている冨樫先生と「HUNTER×HUNTER」ですが、プロの人に評価されていると知ると安心しますね。いや、大切なのは自分の好きだという気持ちで、プロが良いと言っているのを知って安心なんぞ軟弱の極み、とは思うのですが(笑)。

D.Gray-man 
作者の体調が悪いとのことで、しばらく休載とのこと。ファンの方お気の毒。
代わりの漫画は「さすらい剣士物語」というギャグ漫画。
ひたすらボケとツッコミが繰り返されるもので、笑うと悔しくなってしまうタイプ(笑)。いや、本当に細かいギャグ&ツッコミがひたすら繰り返されているのですが、読んでいる内に不覚にも笑ってしまうんです。そんなに面白くないはずなのに(笑)。

いぬまるだしっ 第13回「わたしの町のいぬまるくん」
哀愁を感じさせたり、力強さを感じさせたりするいぬまるくんの背中がたまらない回でした(笑)。

HUNTER×HUNTERハンターハンター感想一覧
前号
次号

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する