FC2ブログ

樹梟堂日記

自営業者の日記です。最近のはまりごとは「五等分の花嫁」と「FGO」です。

[映画]13F(字幕)/ネタバレ感想

上司の死の真相を探るため、仮想現実の世界へ。「紀元前1万年」「デイ・アフター・トゥモロー」のローランド・エメリッヒが製作を務めた、SFミステリーの佳作。1937年のロサンゼルスを再現した仮想現実の世界観も見どころのひとつです。【あらすじ】とある高層ビルの13F。ホールは仮想現実創作技術を駆使し、1937年のロサンゼルスを再現しようとしていた。ある日、ボスのフラーが何者かに殺される。容疑者にされてしまったホールは、事件の真相を追ううちに1937年と現在にパラレル・ワールドが存在し、そこで危険な二重生活が展開されていることを知る。やがて自分の存在そのものさえ疑わざるを得なくなる……。(1999年 / アメリカ)


 Gyaoで視聴しました。

 あらすじに“そこで危険な二重生活が~”とありますが生活も伏線も二重どころではなく大変楽しめました。
 現実と仮想現実では役者がそれぞれ別の性格の役を演じているところも見所です。

 仮想現実の住人はそれが作られた世界だとは知らずに過ごしているのですが、主人公たちがその仮想現実に行くと対応する個体の意識を奪うことになり仮想現実の住人の人生を狂わせてしまうことになります。
 そのことの倫理観を問い主人公が反省して終わりだったのかと思ったらその後の展開が目まぐるしくエキサイティングな思いをしました。素晴らしい映画だと思います。

 オチはアシュトンが上層の世界に来たことから主人公がどうなるのか分かりましたが、自分の力ではどうにもならない、とても行けない上層の世界に行けたというのには私はとてもロマンを感じ最高のラストだと思います。
 まあ少し冷静に考えると仮想現実の人格が夫に宿ったのを嬉しく思う奥さんはかなりグロテスクですが。

 タイトルの「13F」というのはどういう意味なのでしょう。
 高層ビルの13階は1937年のロサンゼルスにはなかった(?)から、文明の違いと上層の世界という神の視点を表現したのでしょうか。そして、ラストの更なる上層の世界の家は1階であることをとても意外に感じましたがそれは地に足がついているということだとか。
 それとも西洋では縁起が悪い数字だからか。ここら辺、気になります。


13F コレクターズ・エディション [DVD]
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント (2010-03-19)
売り上げランキング: 7581


13F [Blu-ray]
13F [Blu-ray]
posted with amazlet at 11.11.01
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント (2010-05-26)
売り上げランキング: 43581



映画カテゴリ[映画]muteミュート(字幕)/ネタバレ感想[映画]日輪の遺産/ネタバレ感想鋼の錬金術師 嘆きの丘(ミロス)の聖なる星Super8スーパーエイトアジャストメント英国王のスピーチ抱きたい関係クレヨンしんちゃん 超時空!嵐を呼ぶオラの花嫁ツーリストナルニア国物語 第3章:アスラン王と魔法の島 3Dナイト&デイ機動戦士ガンダム00 -A wakening of the Trailblazer-借りぐらしのアリエッティONE PIECE STRONG WORLDサマーウォーズハリー・ポッターと謎のプリンスヱヴァンゲリヲン 破レッド・サン

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する