FC2ブログ

樹梟堂日記

自営業者の日記です。最近のはまりごとは「五等分の花嫁」と「FGO」です。

[映画]アジャストメント(字幕)/ネタバレ感想

 ボーンシリーズのマッド・デイモンが主演ということで楽しみにしていた映画です。

 うーん・・・なんだろう、マッド・デイモンの演説と走る姿が格好良い、エミリー・ブラントがとってもキュートでダンスが美しい、ハリー訳のアンソニー・マッキーの誠実そうで静かなたたずまいが好ましい、といったところでしょうか、良い所は(笑)

フォーダム大学の元バスケットボール選手のデヴィッドは、饒舌な話術で有名なアメリカ合衆国議会の上院議員候補。彼はある日、ダンサーであるエリースと運命的な出会いを果たす。二人が結ばれるのは時間の問題だったが、翌日デヴィッドは黒ずくめの謎の集団に拉致されてしまう。

「運命調整局」と名乗る彼らは、世界の時空と人の運命を自在に操作・調節し、世の中の調和とバランスを監視する組織であった。だが、彼らは自分たちの不手際で二人が出会ってしまったため、操作した運命を進行させるため二人を引き離そうと画策していた。デヴィッドは自分の運命を取り戻し彼女を守るため、たった一人で調整局たちの陰謀の阻止に挑む。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%A1%E3%83%B3%E3%83%88_(%E6%98%A0%E7%94%BB)


 というのがあらすじなのですが、結末はなんとう言うか子供だましでした。一生懸命やったら敵の組織のボスが認めてくれたといった感じ。恋愛成就はしたのですが運命はこれからも操作される、それでいいのかと(笑)。敵も苦悩する姿なんて描かれていて甘い世界だなと思いました。
 まあ神様と戦っても勝てるわけがないのでしょうがないのですが。敵のボス“議長”はあの描写からハリーの誰もが見たことがあるという言葉から太陽だと思うのですが、ハリーは形を変えるとも言っていましたのでもっと抽象的なことかも。太陽って形変えないですよね?

 敵の“運命調整局”の目印は帽子でそれでどこでもドア、じゃなくて空間を越えるドアの力を制御するのですが、この帽子とドアというのはきっと権力や組織のメタファーですよね。
 大衆は政府組織トップの権力者の慈悲を仰げ、というメッセージをしかと受け取りましたぞ(笑)

 ラストはちょっぴりスピリチュアルな感じでしたが、スピリチュアルというかプラトン的なものは混乱期に流行ると言うのでこれもその流行に乗った映画だったんだなという印象です。それをわざわざ選んだ私がどうこう言えることではないんですけどねー^^

 字幕で見たのですが“sorry”の意味の多様さを字幕と見比べて感心していました。あと“Excuse me”は“すいません”と覚えていたのですが警備員が“待ってください”の字幕で使っていました。これは人に頼む時の言葉だということを思い出させてくれました。


映画カテゴリ英国王のスピーチ抱きたい関係クレヨンしんちゃん 超時空!嵐を呼ぶオラの花嫁ツーリストナルニア国物語 第3章:アスラン王と魔法の島 3Dナイト&デイ機動戦士ガンダム00 -A wakening of the Trailblazer-借りぐらしのアリエッティONE PIECE STRONG WORLDサマーウォーズハリー・ポッターと謎のプリンスヱヴァンゲリヲン 破レッド・サン

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する