FC2ブログ

樹梟堂日記

自営業者の日記です。最近のはまりごとは「五等分の花嫁」と「FGO」です。

[映画]英国王のスピーチ(字幕)/ネタバレ感想

 映画が始まる前のCMやブログに貼り付けられていたYouTubeのPVを見てずっと観たいと思っていた映画です。

1936年の英国。国王ジョージ5世の後継として長男のエドワード8世が即位するが、離婚歴のある米国女性と結婚するために1年もしないうちに王座を捨ててしまう。ジョージ6世として王位に就くことになった弟のヨーク公は内気な性格に加え幼い頃から吃音症に悩み、公務でのスピーチは常に苦痛の種だった。そんな夫を優しく励ます妻のエリザベスは、オーストラリア人のスピーチ矯正専門家ローグを見つけ出す。
http://www.unitedcinemas.jp/m/niigata/movie.php?movie=2527


 なんと言えばいいか、その・・・想像通りの面白さでした!
 話しの流れとしては英雄が賢者と出会い父の死を乗り越えて苦難を克服するという典型的な英雄譚なのですが、責任のある立場で多くの人に知られる劣等感を訓練で克服する、という設定でもう私的には名作です。もうCMで涙流してましたからね、私は劣等感多き人間なので(笑)
 優しい雰囲気も良かったです。ジョージの吃音を誰も嘲笑せず思いやりのある言葉をかける人が何人もいてほっとしました。あ、1人だけからかった奴がいましたっけ^^

 不満は話しの抑揚が薄い、盛り上げ方が今一という点です。いや、ハリウッド映画に慣れているためにそう感じただけかもしれませんが、ローグが無資格なことをジョージが責めるのが唐突に感じて面食らいましたね。少しは伏線張っとけよと。あと最後の演説に至るところまでにもっともっとドイツやソ連の脅威を描写して欲しかったなと。

 それでもやはり面白かったです。というか初めの方のジョージがローグの元で録音した、自分のよどみのない音読した声を聞いたところでもう涙してました(笑)
 多くの人に観て貰いたい映画です。

 そうそう、ローグが自分のことを“オーストラリアン”と言ったことが気になりました。本来の呼び方は“オージー”で、2chコピペブログか何かでオーストラリア人に“オーストラリアン”と言って馬鹿にされた日本人がいると読んだことがありますが・・・あれ、ちょっと検索して調べてみてもわからないです。昔は“オーストラリアン”だったのでしょうか。





映画カテゴリ英国王のスピーチ抱きたい関係クレヨンしんちゃん 超時空!嵐を呼ぶオラの花嫁ツーリストナルニア国物語 第3章:アスラン王と魔法の島 3Dナイト&デイ機動戦士ガンダム00 -A wakening of the Trailblazer-借りぐらしのアリエッティONE PIECE STRONG WORLDサマーウォーズハリー・ポッターと謎のプリンスヱヴァンゲリヲン 破レッド・サン

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する