樹梟堂日記

自営業者の日記です。最近はまっているのはマンガ「トーキョーグール:re」「亜人」「ジョジョリオン」「ハンターハンター」、スマホゲーム「Fate/Grand Order」「クラッシュロワイヤル」です。

小説/雀蜂(貴志祐介著)ネタバレ感想

11月下旬の八ヶ岳。山荘で目覚めた小説家の安斎が見たものは、次々と襲ってくるスズメバチの大群だった。昔ハチに刺された安斎は、もう一度刺されると命の保証はない。逃げようにも外は吹雪。通信機器も使えず、一緒にいた妻は忽然と姿を消していた。これは妻が自分を殺すために仕組んだ罠なのか。安斎とハチとの壮絶な死闘が始まった──。最後明らかになる驚愕の真実。ラスト25ページのどんでん返しは、まさに予測不能!


 「雀蜂」(貴志祐介著)のネタバレ感想です。
PageTop

小説/ダークゾーン 上下(貴志祐介著)ネタバレ感想

「戦え。戦い続けろ」プロ将棋棋士の卵・塚田は、赤い異形の戦士と化して、闇の中で目覚めた。突如、謎の廃墟で開始される青い軍団との戦い。敵として生き返る「駒」、戦果に応じた強力化など、奇妙なルールの下で続く七番勝負。頭脳戦、心理戦、そして奇襲戦。“軍艦島”で繰り広げられる地獄のバトル。圧巻の世界観で鬼才が贈る最強エンターテインメント!


 「ダークゾーン」上下巻(貴志祐介著)のネタバレ感想です。
PageTop

小説/クリムゾンの迷宮(貴志祐介著)ネタバレ感想

藤木芳彦は、この世のものとは思えない異様な光景のなかで目覚めた。視界一面を、深紅色に濡れ光る奇岩の連なりが覆っている。ここはどこなんだ?傍らに置かれた携帯用ゲーム機が、メッセージを映し出す。「火星の迷宮へようこそ。ゲームは開始された……」。それは、血で血を洗う凄惨なゼロサム・ゲームの始まりだった。
綿密な取材と斬新な着想で、日本ホラー界の新たな地平を切り拓く傑作長編。


 「クリムゾンの迷宮」(貴志祐介著)のネタバレ感想です。
PageTop